ニュース&レポート

三浦しをん原作映画『光』井浦新・瑛太・長谷川京子・橋本マナミ劇中場面写真が解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
作家・三浦しをんの小説を、大森立嗣監督が映画化、井浦新・瑛太・長谷川京子・橋本マナミらが共演する映画『光』の劇中場面写真が解禁された。
三浦しをん原作映画『光』井浦新・瑛太・長谷川京子・橋本マナミ劇中場面写真が解禁

東京の離島・美浜島で暮らす少年たちに突然襲いかかった天災。直後に発生した津波の猛威は、島での暮らしと共に、彼らだけが知る“ある秘密”をも飲み込んでしまった。そして25年の月日が経ち、舞台は東京へ。大人になった彼らのもとに、消え去ったはずのあの秘密が訪れる…。

本作は、過去の秘密が新たな秘密を生み出し、逃れることの出来ない運命に翻弄される、人間の心の底を描く過酷で濃厚なサスペンス・ドラマ。原作は「舟を編む」で本屋大賞を受賞した三浦しをんの小説「光」。原作を読んだ大森立嗣監督が「これは生命そのものの讃歌、命の輝きを描きたかった」と熱望し映画化が実現した。

メインキャストには、大人になり東京で美しい妻と可愛い娘と幸せな家庭を手にし、平穏に暮らす信之役に井浦新。その信之の元に25年ぶりに現れ、島で起きた秘密をほのめかす島の幼馴染の輔役に瑛太。幼少期に信之と交際し、大人になり女優として大きな成功を収めている美花役に長谷川京子。夫である信之にある秘密を抱えている美しい妻・南海子役を橋本マナミが演じる。

『光』『光』『光』『光』『光』『光』

信之役の井浦新は「最も化学反応を起こせたのが瑛太くんでした。彼と芝居がしたいと前々から大森監督に言っていた分、この座組でナニかが起きないわけがないとは思っていましたが、彼のポテンシャルは想像以上、互いに後ろを顧みない変化球なしの真っ向勝負の連続は、どのシーンも何が起きるか、どこに向かうのか、まったく予測なんてできません。芝居が終われば心には辛さが残りましたが、微かに全部出し切った心地良さもありました」と語ると、瑛太も「もともと大好きだった井浦新さんとの共演はとにかく刺激的で芝居の新たな面白さを教えていただいた。新さんが演じる信之の内側にある凄まじい熱量と冷酷さは、原作、台本を超越していた」とお互い長年望み続けた共演が本作にて実現し、計り知れない化学反応を引き起こす。

『光』
井浦新 瑛太 長谷川京子 橋本マナミ  南果歩 平田満
監督・脚本:大森立嗣
原作:三浦しをん(「光」集英社文庫刊)
音楽:ジェフ・ミルズ
配給:ファントム・フィルム
(C) 三浦しをん/集英社・(C)2017「光」製作委員会
公式HP:http://hi-ka-ri.com/

11月下旬、新宿武蔵野館、有楽町スバル座 ほか全国ロードショー
2017年6月2日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『光(大森立嗣監督)』
2017年11月25日(土)新宿武蔵野館、有楽町スバル座 ほか全国ロードショー
公式サイト:http://hi-ka-ri.com/