ニュース&レポート

井浦新×瑛太×長谷川京子×橋本マナミ共演『光』狂気迸る予告編が解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
11月25日(土)公開、三浦しをん原作・大森立嗣監督、井浦新主演による映画『光』の予告編が到着した。
井浦新×瑛太×長谷川京子×橋本マナミ共演『光』狂気迸る予告編が解禁

映画『光』は、「舟を編む」で本屋大賞を受賞した三浦しをんの作品群で、徹底的に人間の闇を描き、ファンの中で特別な評価を得ている小説「光」を映画化したサスペンス・ドラマ。『さよなら渓谷』『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督がメガホンをとり、メインキャストとして井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミが共演する。

解禁となった予告編では、静かで怪しい音楽に合わせ「ものすごい映画だ。」という原作者・三浦しをんのコメントから始まり、物語の起点となる25年前の少年たちの様子が描かれる。閉塞した環境である美浜島に暮らす主人公・信之の生活は、美しい同級生・美花を中心に回っていた。そんな中、美花が森で男にレイプされているのを見た信之は、美花を守るため男を殺害してしまう。しかし、美浜島を巨大な津波が襲い、3人の秘密は闇に消える。

それから25年後にシーンが切り替わり、それぞれのキャラクターが映し出される。過去を封印し、妻(橋本マナミ)と娘と平穏に暮らす信之(井浦新)の元へ、秘密を握って現れた輔(瑛太)。そして、食卓を蹴り飛ばし鬼気迫る表情で首を絞める井浦新。“狂気の笑顔”で現れ、「ゆき兄、殺せー!!」と叫ぶ瑛太。美しく、妖しく信之を翻弄する長谷川京子。生々しいエロスにどこか空虚な表情を見せる橋本マナミ、それぞれの俳優たちが演じるキャラクターの衝撃的なシーンが畳みかけるように展開する。さらに、『光』というタイトルとともにテクノ・ミュージックの巨匠、ジェフ・ミルズの音楽が、切り裂くように鳴り響く。「野生」に踏み出してしまった人間の狂気を描く、上質・かつ衝撃的サスペンスドラマを予感させる予告編となっている。

2017年10月3日
『光(大森立嗣監督)』
2017年11月25日(土)新宿武蔵野館、有楽町スバル座 ほか全国ロードショー
公式サイト:http://hi-ka-ri.com/