ニュース&レポート

ユニコーン、星野源主演時代劇『引っ越し大名!』に主題歌「でんでん」を書き下ろし

引っ越し大名!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
「超高速!参勤交代」シリーズの土橋章宏の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」を、星野源、高橋一生、高畑充希共演で映画化した『引っ越し大名!』(8/30公開)の主題歌が、ユニコーンの書き下ろし新曲「でんでん」に決定し、本予告映像が解禁された。
ユニコーン、星野源主演時代劇『引っ越し大名!』に主題歌「でんでん」を書き下ろし

本作のテーマはなんと“引っ越し”!(国替え)。すべての藩士とその家族全員で引っ越さなければならないため、参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる無理難題。そんな引っ越しを幕府から生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)。その大名のエピソードを基に、お国の一大事を救うため、引きこもり侍の主人公含む姫路藩の藩士たちがあらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうと奮闘する、汗と努力と涙と笑いの物語。

周囲から「かたつむり」と呼ばれ、読書好きで書庫番として引っ越し奉行に任命される引きこもり侍・片桐春之介を演じるのは星野源。春之介の幼馴染であり武芸の達人・鷹村源右衛門には高橋一生、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭を高畑充希。ほか共演者にも、及川光博、濱田岳、小澤征悦、西村雅彦、松重豊という、まさに日本を代表する俳優が集結。

また主題歌は、ユニコーンが本作のために書き下ろした新曲「でんでん」に決定。ユニコーンの起用理由について、矢島プロデューサーは「江戸時代の壮大な引っ越しに思いを馳せたとき、すっと頭に浮かんだのがユニコーンでした」と明かし、「出来上がった楽曲は”この映画にはこの曲しかない!”と思わせる素敵な曲です」とコメント。

曲名の「でんでん」は、主人公の春之介のあだ名が<カタツムリ>であることに因んだもの。楽曲についてユニコーンは「映画の内容を踏まえて、今回は詞から先に書きました。曲も、「でんでん」っていう感じになってます(笑)」と映画とシンクロした楽曲に太鼓判を押している。

主演の星野は、「人間と日本と季節を感じる、『引っ越し大名!』にぴったりの素晴らしい主題歌でした。まさか自分の主演映画にユニコーンの皆さんが、しかも奥田民生さん川西幸一さんという大好きなお二人が主題歌を書き下ろしてくださる日が来るとは。」と、今回の夢の競演に驚きを隠せなかった様子。2019年はグループに関する様々な周年が重なり、<ユニコーン100周年>を掲げるユニコーンが、実写映画主題歌としては8年ぶりとなる新曲「でんでん」で、春之介たちの引っ越しプロジェクトを盛り上げる。

あわせて解禁となった本予告では、引っ越しの総責任者に任命された春之介(星野)が、人数10,000人、移動距離600Km、予算なし(⁉)という状況の中、鷹村源右衛門(高橋)や、於蘭(高畑)といった個性豊かな姫路藩士とともに、この超難関プロジェクトを成し遂げようと奮闘する様子が描かれている。<仕分け><リストラ><パワハラ>といった現代にも通じる問題も見て取れるほか、引っ越しの道中で襲い来る刺客達まで登場。この絶体絶命の状況を前に春之介らは無事に引っ越しを成功させることができるのか!?  



【ユニコーンコメント】

・川西幸一
もともと時代劇が好きだから、本当は(映画に)出たいくらいだった。脚本も読ませてもらったけどすごく良くて、(春之介に)降りかかってくる運命みたいなものを受け入れて、邁進していく、その努力というのはすごく大事なんだなって思いました。

・奥田民生
「でんでん」という曲を(主題歌に)使ってもらってるんですが、映画の内容を踏まえて、今回は詞から先に書きました。曲も、「でんでん」っていう感じになってます(笑)。

【星野源コメント】

人間と日本と季節を感じる、『引っ越し大名!』にぴったりの素晴らしい主題歌でした。まさか自分の主演映画にユニコーンの皆さんが、しかも奥田民生さん川西幸一さんという大好きなお二人が主題歌を書き下ろしてくださる日が来るとは。月並みな言葉になってしまいますが、「UNICORN MOVIE2 1/2」のVHSを擦り切れるほどに観ていた、幼少の自分に伝えてあげたいです。

【犬童監督コメント】

ユニコーンが書き下ろしをしてくださることになり、メンバーを前に、「引っ越し大名!」という映画で何をしようとしているのか、お話することになりました。若く新しい世代が、「自分たちのやり方」で、理不尽なできごとを必死に切り抜けて行く姿。その中で、星野源さん演ずる春之介がリーダーとして、人として大きく成長する姿を描きたい」。ストーリーはもちろん、脇役のキャラクターまで一生懸命話しました。皆さんは真剣に聞いてくれました。終わり近く、奥田さんから、質問がありました。「映画の最後に聞くこの歌はどんな風に響いて欲しいですか?」私は、考え、答えました。「祝福して欲しいです。自分たちのやり方で、最後までやり通した春之介や、若者たちを」奥田さんは、少し考え静かにうなづきました。そして、生まれたのが「でんでん」。最高です。「目指すは新天地、何もないところ」。なんと、明るくありきたりでない希望を感じさせてくれることか!「引っ越し大名!」とユニコーンの幸福な出会いに感謝です。

【矢島孝プロデューサーコメント】

『江戸時代の壮大な引っ越しに思いを馳せたとき、すっと頭に浮かんだのがユニコーンでした。出来上がった楽曲は「この映画にはこの曲しかない!」と思わせる素敵な曲です。一歩一歩進んで行くしかなかった、当時の“旅”を感じさせる空気を持つ「でんでん」という曲が「引っ越し大名!」を数段持ち上げてくれたと思います!

2019年5月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加