ニュース&レポート

インドの“お受験”騒動を描いた『ヒンディー・ミディアム』予告編が解禁

ヒンディー・ミディアム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ハリウッドでも活躍するインドの名優イルファーン・カーンを主演に、“インドのお受験”をテーマに笑いと感動で包む珠玉の教育エンタテインメント『ヒンディー・ミディアム』(9/6公開)の日本版予告編が解禁された。
インドの“お受験”騒動を描いた『ヒンディー・ミディアム』予告編が解禁

デリーの下町で洋品店を営むラージ・バトラと妻のピアは、娘の将来のために進学校に入れることを考え、高級住宅地へ引っ越すことに。しかし、英語で話せないと近所の子供からも相手にされないという厳しい現実に、ふたりは“お受験”を有利に進めるためにお受験クラスの門を叩く。面接のノウハウや試験のコツを学び、神頼みまで駆使しながら娘のために全力を尽くすが、結果は全滅…。

そんな中、クラスのコンサルタントから低所得者層のための優先枠という“禁断の手口”があることを教わり、夫婦は藁をもつかむ思いでスラム街に引っ越すことを決意。家族想いだがどこか抜けたところがあるラージと、学歴コンプレックスゆえ思い込みの激しいミータとの軽妙でどこか笑える掛け合いとともに、慣れない工場仕事に失敗ばかりのラージ、みすぼらしい生活に大混乱するミータ…と奮闘を続ける中で、ふたりは次第に周囲の人たちと打ち解け始め、ふたりの視野が少しずつ広がっていくことが伺える映像となっている。“お受験”の行方と、夫婦がドタバタのすえに出す答えとは…?


当事者たちへの丁寧なヒアリングをもとに、“英語”が何より重視されるインドの教育の現状と競争の狂乱をお受験に翻弄される夫婦の姿を通じてコメディータッチで描いていく本作について、主演のイルファーン・カーンは、「『ヒンディー・ミディアム』は、誠実で感動的な物語なんだ。人の心の奥底を揺り動かすストーリーは、世界共通の問題として、前向きな力と社会の進歩的な改革をもたらすだろう」とコメント。

本作のインド内外での興行的成功をうけて、続編となる「Angrezi Medium」(“英語で授業を行う学校”の意)が来春インド公開に向けて現在製作中。イルファーンが引き続き主演を務めるが、映画オンラインデータベースIMDbによると役柄はラージとは別の名前が記載されており、本作とは別の家庭の事情が繰り広げられることになりそうだ。
2019年7月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加