ニュース&レポート

ベネディクト・カンバーバッチ熱演!邪竜“スマウグ”をフィーチャーした『ホビット』特別予告が解禁

ホビット 竜に奪われた王国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
2月28日(金)公開のピーター・ジャクソン監督最新作『ホビット 竜に奪われた王国』より、ベネディクト・カンバーバッチが熱演する邪竜“スマウグ”の全貌を明らかにした60秒の特別予告が解禁された。
ベネディクト・カンバーバッチ熱演!邪竜“スマウグ”をフィーチャーした『ホビット』特別予告が解禁

ビルボら旅の仲間たちの前に立ちはだかる最大・最強の敵、一頭で一国を滅ぼすと伝えられる恐ろしい邪竜“スマウグ”。巨大な翼で空を舞い、全てを焼き尽くす炎を吐くどう猛な竜“スマウグ”の声を演じたのは、英BBC放送の海外ドラマシリーズ「SHERLOCK シャーロック」の主人公シャーロック・ホームズでその人気を不動のものにし、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』で映画史に名を刻む悪役を怪演した、英国人俳優ベネディクト・カンバーバッチ。オーディションの時点から製作陣をうならせるほどのハマり役となり、ビジュアル化に数年、皮膚の制作だけで2年半以上を費やした“スマウグ”の表情と動きはカンバーバッチを参考に作られている。

ベネディクト・カンバーバッチ熱演!邪竜“スマウグ”をフィーチャーした『ホビット』特別予告が解禁

ピーター・ジャクソン監督は、「どんなに利口な人でもスマウグにはかなわない。彼を相手に作り話は通用しないし、すぐに見破られるのがオチだね。スマウグは愛嬌があるように見えて、愛嬌の下に殺気を隠しているんだ。キレると怖いし、そして何をしでかすか分からない。そんなところがこのキャラクターの魅力でもあったけど、ベネディクトは完璧に演じてくれたんだ」とベタ褒め。

ベネディクト・カンバーバッチは自身の役柄について、「スマウグはじつに濃いキャラクターだ。うぬぼれ屋でパワフル。そしてとにかく巨大。すばしっこく、悪魔的、火を噴き、飛べる。自分の力を見せびらかすときは、翼はハリケーン、尾は雷、かぎ爪は槍、そして牙は剣にするんだ。火を噴けば、すべてが一瞬にして灰と塵と化す。彼1匹だけで強力な軍隊なんだ。計り知れない破壊力がある。しかし、強欲さ、貪欲さ、そして復讐心を燃やしている点では、実に人間っぽいキャラクターなんだよ」と分析している。

2014年2月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ホビット 竜に奪われた王国』
2014年2月28日(金)新宿ピカデリー・丸の内ピカデリー他全国ロードショー
公式サイト:http://www.hobbitmovie.jp