ニュース&レポート

シアーシャ・ローナン主演作『わたしは生きていける』が8月30日公開!ポスタービジュアルも解禁

わたしは生きていける

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『つぐない』『ラブリーボーン』の若き天才女優シアーシャ・ローナンとアカデミー賞受賞の鬼才ケヴィン・マクドナルドがタッグを組み、同名ベストセラー小説を映画化した『わたしは生きていける(原題:HOW I LIVE NOW )』の公開が、2014年8月30日に決定し、ポスタービジュアルが解禁された。
シアーシャ・ローナン主演作『わたしは生きていける』が8月30日公開!ポスタービジュアルも解禁
ガーディアン賞・プリンツ賞と、文学界の権威ある二つの賞を受賞した同名小説の映画化となる本作は、世界大戦を背景にした壮大な終末サバイバル・ドラマであるとともに、その戦火に巻き込まれたひとりの少女の心の移ろいを色鮮やかに綴った青春ストーリー。

舞台は、現在からそう遠くないイギリス。生まれたときに母親を亡くし、複雑な家庭環境で育った16歳の少女デイジーは、見知らぬ3人の従兄弟とひと夏を過ごすため、ニューヨークから単身イギリスにやってきた。人なつこく純真な従兄弟たちと過ごすうち、彼女は長兄エディとの間で初めての恋に落ちる。しかしそんなある日、ロンドンでテロリストによる核爆発が発生。第三次世界大戦勃発に伴う戒厳令がしかれるなか、デイジーたちは突如現れた軍に拘束され、離ればなれに…。軍の管理下に連れて来られたデイジーは、エディとの再会の約束を胸に秘め施設を脱出。いくつもの極限の試練が待ち受ける荒廃した世界に身を投じていく…。

激動の運命をたどる主人公を演じるのは、ハリウッドで今、最も輝いている若手女優シアーシャ・ローナン。弱冠13歳にしてアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた『つぐない』以降、順調にキャリアを積み重ねてきた彼女が、少女の再生と成長の軌跡を、観る者の胸を締めつけるほど熱く切なく体現。監督は『ラストキング・オブ・スコットランド』でアカデミー賞他、多数の映画賞を獲得した鬼才監督ケヴィン・マクドナルド。臨場感とリアリティあふれる映像感覚に定評ある俊英が、みずみずしいエモーションが息づく少女の青春、そして世界終末の危機が現実化していくサスペンスのただならぬ迫真性を確かな手腕で描出する。

『わたしは生きていける』
監督:ケヴィン・マクドナルド『ラストキング・オブ・スコットランド』『消されたヘッドライン』『運命を分けたザイル』
原作:メグ・ローゾフ「わたしは生きていける」(理論社)
出演:シアーシャ・ローナン、ジョージ・マッケイ、トム・ホランド、ハーリー・バード、アンナ・チャンセラー
配給:ブロードメディア・スタジオ
公式サイト:www.howilivenow.jp
(C) The British Film Institute/Channel Four Television Corporation/ HILN Ltd 2013


2014年8月30日(土)有楽町スバル座他全国順次公開
2014年5月30日
『わたしは生きていける』
2014年8月30日(土)有楽町スバル座他全国順次公開
公式サイト:http://www.howilivenow.jp