ニュース&レポート

実写映画「不安の種」主演は石橋杏奈!リアル“オチョナンさん” 特殊造形で完全再現!

不安の種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
「月刊チャンピオンRED」と「週刊少年チャンピオン」(ともに秋田書店)で連載されていた中山昌亮のオムニバスホラーコミック「不安の種」。独特なタッチの画とインパクトのある怪異描写で今なおカルト的な人気を誇るこの漫画が、石橋杏奈主演で実写映画化され、2013年7月に劇場公開されることが決定した。
実写映画「不安の種」主演は石橋杏奈!リアル“オチョナンさん” 特殊造形で完全再現!

画像:画像:
物語は、ある街で起こったバイク事故をきっかけに、街に潜む怪異現象が次々と露わになるところから始まる。監督・脚本を担当したのは、『放送禁止』シリーズの鬼才・長江俊和。原作の怪異エピソードを巧妙にまとめ上げ、一つの物語を完成させる。

主演は、2009年第30回ヨコハマ映画祭で最優秀新人賞(『きみの友だち』)を受賞し、『ゆめのかよいじ』『Heart Beat』など、話題作への主演が決まっている石橋杏奈。怪異のモノを見る能力を持った二面性のある少女・陽子を熱演。その他、物語のキーとなる青年役に『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの若手実力派・須賀健太、『悪の教典』の浅香航大が抜擢された。ベテランの津田寛治、作家・岩井志麻子など脇を固める役者陣も豪華だ。

その他のスタッフ陣も、原作でも人気の“オチョナンさん”などの異形のモノの造型と特殊メイクを『バイオハザード ディ ジェネレーション』の百武朋が、音楽を塚本晋也監督の『鉄男THE BULLET MAN』などで知られる石川忠が担当している。強力なスタッフとキャストが総力を結集して漫画の世界観を完全に再現。観終わった後も尾を引く恐さで“不安の種”を残す、最恐のホラー映画が誕生する。

映画『不安の種』
出演:石橋杏奈 須賀健太 浅香航大 岩井志麻子/津田寛治
監督・脚本:長江俊和(「放送禁止」シリーズ、「パラノーマル・アクティビティ第2章 TOKYO NIGHT」)
(C) 中山昌亮(秋田書店)2004/「不安の種」製作委員会2013
http://huann-movie.com/
2013年4月4日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『不安の種』
2013年7月20日(土)よりシネクイント、テアトル梅田他全国順次公開!
公式サイト:http://huann-movie.com/