ニュース&レポート

ヴァージニア級潜水艦の映画デビュー姿も捉えた『ハンターキラー 潜航せよ』特別映像解禁

ハンターキラー 潜航せよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
4月12日(金)より公開される潜水艦アクション大作『ハンターキラー 潜航せよ』より、米海軍全面協力のもとリアルに描かれた潜水艦の内外に迫る特別映像が解禁された。
ヴァージニア級潜水艦の映画デビュー姿も捉えた『ハンターキラー 潜航せよ』特別映像解禁

ロシアで大統領が拘束されるクーデターが勃発し、第三次世界大戦開戦の危機が訪れる。世界の運命をかけ、米海軍攻撃型原子力潜水艦“ハンターキラー”と特殊部隊ネイビーシールズには、「ロシア大統領を救出せよ」という前代未聞のミッションが下る――。

『ハンターキラー 潜航せよ』は、『ワイルド・スピード』シリーズ製作陣が、元米海軍潜水艦艦長による原作を、米国防総省×米海軍全面協力のもと映画化した潜水艦アクション。米海軍特殊部隊ネイビーシールズと潜水艦のダイナミックな共闘も見逃せない一作だ。

“今の潜水艦”を描くために新鮮な視点を持つ存在として抜擢された新鋭のドノヴァン・マーシュ監督は、「徹底したリアリティ重視だ。リアルであるほど観客は引き込まれる」と制作にあたってのポイントを説明。撮影前に映画に登場するヴァージニア級攻撃型潜水艦と同じタイプの原子力潜水艦に乗船して海に出た時の経験をもとに、できるだけ実物に近いセットを作るために海軍アドバイザーのラッセル・クーンズに協力を要請したという。

本作の撮影にあたって、米海軍はパール・ハーバーに着岸している原子力潜水艦を開放し2日間だけ撮影に使用することを許可。そのうち丸1日を使い撮影に費やされたのがこの映像でも捉えるダイナミックな潜水の場面だといい、クーンズも「ヴァージニア級潜水艦のスクリーンデビューだ」と感慨深そうにコメント。さらに、海軍の指揮系統と手順などについて出演者全員にトレーニングを行ったことを明かす。

そんな潜水艦シーンについて「ハイテク機器に囲まれた環境だ。実際に乗っている人にしか分からないことも多い」と語るのはアカデミー賞俳優ゲイリー・オールドマン。オールドマン自身は“陸”側の統合参謀本部議長役のため、潜水艦に乗りこむ場面こそないものの、毎日セットに来ていた軍事専門家と密にコミュニケーションを取ることを楽しんだといい、「専門的な要素がとても多いこの種の映画にとって、軍事プロトコルの専門家の存在は絶対に必要だ。我々全員にとってまさにその価値は計り知れぬほどだった」とインタビューで答えている。

“ハンターキラー”を率いるグラス艦長を演じるジェラルド・バトラーは「潜水艦の中はまるでひとつの街のような作りだ」と潜水艦の内部について独特な表現で説明。さらに、「取材班が数千枚にも及ぶ写真を撮ってきてそれを元にセットの設計図が作られたんだ」と驚きの裏話を披露。本作では、潜水艦の全てを本物らしく描くという米海軍への誓約に基づきケーブルの色に至るまで忠実に作り上げられており、この映像でも潜水艦の中核を担う発令所だけでなく艦内のいたる場所や様々な機器が緻密に作りこまれているのが確認できる。

本作が徹底的にリアルに描く潜水艦の魅力はひとことでは語り尽くせないもの。ぜひこの映像で予習のうえその全貌はスクリーンで体感してほしい。

2019年4月8日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ハンターキラー 潜航せよ』
2019年4月12日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
公式サイト:http://gaga.ne.jp/hunterkiller