ニュース&レポート

西島秀俊×佐々木蔵之介共演『空母いぶき』5月24日公開決定 第一弾予告編が解禁

空母いぶき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじ同名原作を、西島秀俊と佐々木蔵之介共演で映画化する『空母いぶき』の公開日が5月24日(金)に決定し、第一弾予告編が解禁された。
西島秀俊×佐々木蔵之介共演『空母いぶき』5月24日公開決定 第一弾予告編が解禁

世界が再び「空母の時代」へと突入した20XX年。日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の襲撃。日本領土の島が占領され、未曾有の緊張が走る中、政府は自衛隊初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分。日本は経験したことのない一日を迎えようとしていた――。

映画『空母いぶき』は、「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじによる累計400万部突破のベストセラーコミックの映画化作品。

公開された予告編では、待ち受けていた敵潜水艦からのミサイル攻撃が「空母いぶき」を襲うシーンから始まる。緊迫の事態に直面する艦長の秋津(西島秀俊)と副長の新波(佐々木蔵之介)。攻撃か防御か。二人は対立しながらもかつてない決断を迫られる。取材目的で「いぶき」に乗艦し、戦闘に巻き込まれる女性記者・本多(本田翼)は、この状況にジャーナリストとしてどう立ち向かうのか。戦後最大の危機に、内閣総理大臣・垂水(佐藤浩市)は如何なる選択をし、国民に何を訴えるのか。現場では護衛艦や潜水艦、さらに戦闘機による戦いが激しさを増して行く中「いぶき」と連携を取る各艦の艦長(髙嶋政宏、玉木宏、山内圭哉)は、持てる能力を最大限に活かしながら戦闘の拡大を必死に食い止めようする。

一方、遠く離れた東京下町のコンビニ。すべての情報が遮断されたまま、クリスマス用のお菓子の長靴づくりに没頭する店長・中田(中井貴一)。この物語を結末へと導く、彼の果たした役割とは?そして予告編のラスト、秋津(西島秀俊)が発する「撃墜せよ」――。この指令が意味するものは何か?息もつかせぬ展開と壮大なスケールで描かれる『空母いぶき』は5月24日(金)全国超拡大ロードショー。

2019年2月1日
『空母いぶき』
2019年5月24日(金) 全国ロードショー
公式サイト:http://kuboibuki.jp