ニュース&レポート

三池崇史監督『一命』が、第1回 パロアルト国際映画祭にて3D技術賞を受賞

一命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
9月29日~10月2日にサンフランシスコのパロアルトで開催されたパロアルト国際映画祭(Palo Alto International Film Festival)にて、市川海老蔵主演、三池崇史監督による3D時代劇『一命』(10/15公開)が、PAIFF & Dolby3D賞を受賞した。
三池崇史監督『一命』が、第1回 パロアルト国際映画祭にて3D技術賞を受賞

今年、第一回を迎えるパロアルト国際映画祭(Palo Alto International Film Festival)は、2005年に設立されたシンクタンク、Palo Alto Instituteが運営する映画祭。パロアルトはサンフランシスコのベイエリアにあり、Palo Alto研究所(かつてのゼロックス研究所)やヒューレットパッカード、Facebookなどのハイテク企業や研究所の拠点となる町で、この映画祭も、技術的な観点から映画人の交流を目的として開催される。

ドルビー社がスポンサーとなっている「PAIFF & Dolby 3D賞」は、技術的かつ芸術的な偉業を納めた立体映画(3D映画)に贈られる賞として設立され、全ての3D映画作品が対象となっている。

「PAIFF & Dolby 3D賞」の第一回受賞作として選ばれた『一命』は、鬼才・三池崇史監督が時代劇初の3D作品に挑んだ渾身作。武家社会に立ち向かう一人の侍の生き様と葛藤と美しい日本風景、そして荘厳なセットを生かした繊細な3D映像が本場の技術者達に認められ、クオリティーの高い日本映画の技術を世界にアピールする結果となった。

この受賞について三池崇史監督は、「日本映画にこのような栄誉を与えていただいたことに心より感謝します。3Dによって2Dの何かが失われてしまうのかの挑戦でした。その結果はこの受賞が示す通り、得るものはあっても失われるものは何もないということでしょう。映画の未来に乾杯です」とコメントしている。

映画『一命』は、5月に行われた第64回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品されたほか、バンクーバー国際映画祭、シッチェス・カタロニア映画祭(コンペティション)、釜山国際映画祭、ワルシャワ国際映画祭など、世界各国での映画祭出品が次々と決定し、世界中からの注目も集まっている。
2011年10月3日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『一命』
2011年10月15日(土)ロードショー
公式サイト:http://www.ichimei.jp