ニュース&レポート

奇才パク・チャヌク監督、『イノセント・ガーデン』プロモーションで5月に来日決定!

イノセント・ガーデン

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『オールド・ボーイ』『渇き』のパク・チャヌク監督が、ハリウッドデビュー作『イノセント・ガーデン』のプロモーションのため、約3年6ヶ月振りに来日することが決定した。
奇才パク・チャヌク監督、『イノセント・ガーデン』プロモーションで5月に来日決定!

『オールド・ボーイ』でカンヌ国際映画祭の審査員特別グランプリを受賞、『渇き』では同映画祭審査員賞を受賞。あらゆるタブーとバイオレンスを描きながら、抒情的な美しさをもたらす作品を作り続け、全世界で高い評価を受けている韓国映画界の奇才パク・チャヌク監督。彼の最新作『イノセント・ガーデン』は、誕生日に唯一の理解者だった父を亡くした少女と、その母親のもとに、長年行方不明になっていた叔父が突然姿を現したことから、次々と奇妙な事件が起こり始めるというサスペンス・ミステリー。ドラマ「プリズン・ブレイク」の主演で知られるウェントワース・ミラーが、自身の名を隠して執筆し8年の歳月をかけて完成させた脚本を映画化したものだ。

本作がハリウッドデビュー作となったことについてパク・チャヌク監督は、「自分でも脚本を書いてはいるが、時には、他の人が書いたものに取り組んでみたいと思うこともある。すばらしい脚本が手に入るのを待っていた時に、受け取ったものの中で一番の可能性を感じたものだった。これだけの力を持った脚本だったら、どんな言語を使っているかは関係なかった」と、ウェントワース・ミラーの脚本との運命的な出会いが、ハリウッド進出を決心させ、初めてのハリウッド映画を手掛けることになったきっかけだったと語っている。

キム・ジウン監督(『ラスト・スタンド』)、ポン・ジュノ監督(『スノーピアサー(原題)』)など、奇しくも韓国の技巧派監督によるハリウッドデビューが相次ぐ、“韓国映画人によるハリウッド進出元年”とも言える2013年。その中で、今年先陣を切って来日するのがパク・チャヌクとなる。韓国映画界で培ってきた経験と世界での高い評価を経て、ハリウッドデビュー作となる本作をどんな意図を持って手がけたのか?ヒロインのミア・ワシコウスカやニコール・キッドマンなどハリウッドの豪華キャスト陣をどう演出したのか?さらに、音楽と美術を手掛けた『ブラック・スワン』のスタッフ達との連携など、サンダンス映画祭でのワールドプレミア以降、ロンドン、ソウル、ニューヨークなど世界各地を巡ってきた彼の、日本公開直前の発言に注目が集まる。

映画『イノセント・ガーデン』は、5月31日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、シネマカリテ他 全国ロードショー。監督は5月21日(火)より来日し、日本滞在中には、プレミア試写会などに出席する予定だ。
2013年4月24日
『イノセント・ガーデン』
2013年5月31日(金)TOHO シネマズ シャンテ、シネマカリテ他 全国ロードショー