ニュース&レポート

ニモ、カールじいさん、ウッディも登場!『インサイド・ヘッド』特報が解禁

インサイド・ヘッド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ディズニー/ピクサーの2年ぶりの最新作で、“頭の中の世界”を描いた映画『インサイド・ヘッド』(7/18公開)の特報が解禁。映像では『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』など人気キャラクターが勢ぞろいしている。
ニモ、カールじいさん、ウッディも登場!『インサイド・ヘッド』特報が解禁
クローゼットの扉の向こう側にあるモンスターの世界をエモーショナルに描いた『モンスターズ・インク』、無数の風船の付いた家で大空の冒険に出た『カールじいさんの空飛ぶ家』など、つねにイマジネーションの無限の可能性を追求し、アニメーションならではの特別な体験を贈り続けるピート・ドクター監督。その待望の最新作『インサイド・ヘッド』は、これまでのディズニー/ピクサー作品の中でも最も身近で最も独創的な、“人間の頭の中”の世界を描いた感動の冒険ファンタジー。

本作の主人公は11歳の少女ライリー…ではなく、彼女の頭の中にある“5つの感情”たち。ジョイ(喜び)、アンガー(怒り)、ディスガスト(嫌悪)、フィアー(恐れ)、そしてサッドネス(悲しみ)だ。まだまだ未成熟な“感情たち”にとって、ライリーを守り、彼女を幸せにすることが、何よりも大事な使命。今回の特報は、頭の中の感情たちの行動が、いかにドラマチックな影響を人間に与えるのか、誰にでも起きているごくあたり前の“頭の中の秘密”が明かされる!?期待感たっぷりの映像となっている。

今回の特報のさらなる見所は、冒頭から心を掴まれるピクサーの大人気キャラクターたちが一堂に登場する豪華な演出。『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』など、各作品を代表するキャラクターたちが『インサイド・ヘッド』、それぞれ5つの感情に分かれて大集合し、誰もが共感してしまう<感情>というキャラクターをさらに盛り上げている。ピクサーの新作映画の予告に他キャラクターが登場するのはディズニーの歴史の中でも異例のこと。

さらに、解禁になったポスタービジュアルではライリーの頭のなかで“5つの感情”たちがそれぞれの担当する感情を表現するような、生き生きとした表情とポーズを取った可愛らしい仕上がり。彼女たちは、“ライリーの頭の中”どんな活躍をするのか、シンプルながら楽しみなビジュアルになっている。


2014年12月5日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『インサイド・ヘッド』
2015年7月18日(土)全国ロードショー