サービス終了のお知らせ
シネマトリビューンは、2021年3月31日を持ちましてサービスを終了いたしました。


これまでご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

ニュース&レポート

クリス・ヘムズワーズ主演『白鯨との闘い』予告編公開!圧巻の映像で描かれる巨大鯨の姿が明らかに

白鯨との闘い

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
太平洋沖4800kmという死の海域で捕鯨船“エセックス号”を襲った衝撃の実話を、ロン・ハワード監督・クリス・ヘムズワーズ主演で映画化した『白鯨との闘い』の予告編とポスタービジュアルが到着した。
クリス・ヘムズワーズ主演『白鯨との闘い』予告編公開!圧巻の映像で描かれる巨大鯨の姿が明らかに
映画の舞台となるのは、“捕鯨”が多くの人間がかかわる一大産業だった19世紀。1819年に出港したエセックス号の乗組員達は、太平洋のど真ん中で体長30メートルの巨大な鯨と遭遇し、船を沈められてしまう。僅かな物資で漂流生活を送ることになった彼らが、絶望の状況で生き延びるために下した究極の決断とは―?歴史の裏に隠されてきた衝撃の事実を描きだす作品となっている。

今回解禁となった映像では、冒頭から鯨を求めて勢い良く船を進める男たちの姿が描かれる。鯨を得るための戦いはド迫力で、圧巻の臨場感は鑑賞者を映画の世界に引きずり込む。しかし、遭遇した巨大な鯨に体当たりされ、船が転覆したところから状況は一転。彼らは、「必ず帰る」という家族との誓いを守るため、僅かな食料と飲み水を頼りに先の見えない漂流生活を送ることとなる。

さらに、大海原のど真ん中、生き延びるための手立てが次々となくなっていく極限状態の中、巨大な鯨はまるで何かを試すかのように何度も現れては彼らを追い詰める。絶望の漂流生活と、鯨との死闘の果てに、いったいどんな結末が待っているのか? 映像の最後に現れる「人間が、試される」という言葉が意味するところも気になる本映像は、本編への期待をますます高めること間違いなし。

2度のアカデミー賞受賞経験を持ち、本作の監督を務めたロン・ハワードは「これはもちろん真実のストーリーだ。同時に、カッコ良くて、現代的で、巨大なスクリーンで観る価値のある物語でもある。こんなすごい話は滅多に出会えないよ。この物語を、多くの人に伝えたいと心から思ったんだ」とコメント。本作のストーリーが、様々な名作を手がけてきた名匠の心も強く動かしたことを明らかにした。

そして、主演を務めたクリス・ヘムズワースは「この映画には、分かりやすい悪役、英雄がいるわけじゃない。生きるために当時の産業に従事していた男たちの話だ。ただ、自然の圧倒的なパワーの前に人間は無力で、彼らはその恐怖を味わうことになる。そして、身分も立場も関係なく、極限の状況に置かれた時の人間のあり方が描かれているんだ」と語り、作品で描かれる深いヒューマンドラマに自信を覗かせている。

2015年11月13日
『白鯨との闘い』
2016年1月16日(土)、新宿ピカデリー他、全国2D/3D同時公開