ニュース&レポート

福士蒼汰が再び特撮ヒーローに!唐沢寿明主演『イン・ザ・ヒーロー』追加キャスト発表

イン・ザ・ヒーロー

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
唐沢寿明主演で、特撮ヒーローのドラマや映画などに欠かせない「スーツアクター」の奮闘を描く映画『イン・ザ・ヒーロー』。本作で、人気絶頂のアイドル俳優役で福士蒼汰が出演。『仮面ライダーフォーゼ』以来2年ぶりの特撮ヒーローを演じることがわかった。
福士蒼汰が再び特撮ヒーローに!唐沢寿明主演『イン・ザ・ヒーロー』追加キャスト発表

本作は、過去40年余りの間、世界中の少年たちが夢中になって観てきた特撮ヒーローを生み出すキーパーソンである「スーツアクター」という、意外と本当の姿を知られていないアクター達を描く物語。

映画の中で、国民的番組「神龍戦士ドラゴンフォー」のスーツアクターとして登場し、ブルース・リーを崇拝する主人公・本城渉(ドラゴンレッド)に唐沢寿明。その分身を演じることになる人気絶頂のアイドル俳優・一ノ瀬リョウ(ドラゴンブラック)には、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」で人気を不動のものとし、『仮面ライダーフォーゼ』以来のヒーローを演じる福士蒼汰がキャスティングされた。

また、関西弁を駆使し、新人をビシバシ鍛える姉御キャラの大芝美咲(ドラゴンブルー)役には黒谷友香が抜擢。そして、強面の極道スター・寺島進が、なんとフェミニンな仕草が特徴のピンクのスーツアクター役・海野吾郎を熱演。アーノルド・シュワルツェネガーに憧れるドラゴングリーンを日向丈が演じる。

スーツアクターたち多くの共通の夢は堂々と顔を出して演じる「アクション俳優」に登り詰めることであり、アクション映画の主役を演じること。そんな夢を見ながら奮闘するアクターを描く本作は、これまでアクション映画やヒーロードラマを影で支え続けてきた多くの裏方や俳優に対するオマージュを含んでおり、かつての名作『蒲田行進曲』の様に確かな夢を持った男たちを、情熱を持ってピュアに描き出す。

【福士蒼汰コメント】
撮影は始まったばかりでこれからの現場も凄く楽しみです。去年の11月からアクション稽古を始めたので、その成果が出せたらと思います。
スーツを着てのアクションは凄く嬉しいです!衣装合わせをしたとき、強くなった気がして、戦いたいという気持ちが湧き上がってきました(笑)。仮面ライダーを演じていた頃、いろんなことを教えてもらいましたし、役者というものを実感できた場所だったので、今振り返ってヒーローをできるのは嬉しいです。知っている分、こう演じてみようかなと思ったりします。ブラックで陰がある役なので、正統派よりも演じてみたい役どころです。
スーツアクターという職業に関しては、仮面ライダー当時から、一緒に作品を作っている仲間だと感じていました。ただ表にでるのは自分達だったので、みなさんの存在をもっとみんなに知って欲しいと思っていました。そして、今回の役が、自分とリンクしている部分が多いと思っています。特撮に関しては、スーツアクターの方とのやり取りなどイメージできるので、全く知らない世界というよりは、経験ある世界だから演じやすいかもしれません。
唐沢さんとは初共演ですが、プロフェッショナルなのにナチュラルで着飾るところがない方なので、素敵だなと感じています。どれだけ吸収できるかが自分の中で課題です。
今回の役どころはハリウッド映画を目指す俳優ですが、自分もいつかはハリウッドに限らず海外の人とお仕事してみたいです。日本人とは違う感覚で生きているし、時間の流れから違うと思うので、得るものがあるだろうし、刺激を受けたいと思っています。自分のペースで焦らずいきたいです。

【寺島進コメント】
2、30年前に実際にピンクとかイエローとか、ブラジャーを付けるスーツアクターをやっていたからね、体力、気力、元気いっぱいで頑張りますよ!


『イン・ザ・ヒーロー』
主演 唐沢寿明
出演 福士蒼汰、黒谷友香、寺島進ほか

監督:武正晴
配給:東映
(C) 2014「イン・ザ・ヒーロー」製作委員会

2014年秋 全国ロードショー予定
2014年2月11日
『イン・ザ・ヒーロー』
公式サイト:http://IN-THE-HERO.com