ニュース&レポート

ジョニー・デップ メッセージ入り『イントゥ・ザ・ウッズ』特別映像、日本限定解禁

イントゥ・ザ・ウッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
3月14日(土)公開のディズニー最新作『イントゥ・ザ・ウッズ』より、オオカミ役を演じるジョニー・デップが力強い美声&遠吠えを披露する本編映像と本人コメントが収録された特別映像が、日本限定で解禁された。
ジョニー・デップ メッセージ入り『イントゥ・ザ・ウッズ』特別映像、日本限定解禁

映像は、ジョニー・デップ扮するオオカミが赤ずきんを足止めし、あの手この手で彼女を道草に誘うシーン。オオカミは赤ずきんをスキップで花畑まで連れて行き、摘んだ花を手渡し魅惑的なウインクまで披露。しかしその目的はもちろん、先回りしておばあさんを食べること。囁くようなセクシーなかすれ声から、低く力強い歌声までを使い分ける彼の美声は非常に印象的だ。最後は、本物のオオカミ顔負け、渾身の遠吠えまでも披露する。

ジョニー・デップは「歌うこと自体が僕にとっては大きなチャレンジだった。なんせ僕は歌手じゃないからね(笑)」とコメントし、自身の大ヒット作『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』以来7年ぶりとなるミュージカル映画出演を振り返る。

変幻自在のコスチューム・プレイヤーとして、その独特の立ち振舞や演技で日本でも大人気のジョニー・デップは、ディズニーの『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで演じた “キャプテン・ジャック・スパロウ”でその確固たる地位を築いた。先日製作開始が発表されたシリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン:デッド・メン・テル・ノー・テイルズ(原題)』でも彼は同役にキャスティングされ、この“当たり役”の勢いは衰えることを知らない。同シリーズで証明されたジョニー・デップ×ディズニーという黄金の方程式は、『イントゥ・ザ・ウッズ』の魅力をさらに盤石のものとする。

そして、彼の演じるオオカミと対等に渡り合う赤ずきんを演じたのがリラ・クロフォード。映画初出演にして、豪華俳優陣たちに一歩も引かぬ堂々とした姿を見せる彼女に対して、「彼女の歌声はすごくパワフルなんだ。しかも役者としてもとても優秀で、例えば僕が前とは違う芝居をしてもちゃんとついてきてくれる。僕の芝居に合わせて、違う反応を返してくれるってことさ。とても頭の良い、才能のあふれる子だよ。共演できて嬉しかった。」とその才能、演技を絶賛。彼女は映画公開の直前、3月4日には来日を控えており、ジョニー・デップをも唸らせた彼女が、スクリーン以外でどんな姿を見せてくれるのかにも要注目だ。

2015年2月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『イントゥ・ザ・ウッズ』
2015年3月14日(土)全国ロードショー