ニュース&レポート

『アイアンマン3』本編クリップ& ロバート・ダウニー Jr. インタビュー映像が到着!

アイアンマン3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ロバート・ダウニー・Jr主演、億万長者にして天才発明家トニー・スターク=アイアンマンの“最後の戦い”を描くアクション超大作『アイアンマン3』。4月26日(金)より封切られ、現在大ヒット上映中の本作の、クリップ映像2種とロバート・ダウニー Jr.のインタビュー映像が到着した。
『アイアンマン3』本編クリップ& ロバート・ダウニー Jr. インタビュー映像が到着!

マーベル・スタジオが贈る人気シリーズ第3弾『アイアンマン3』。4月26日より日本先行公開され、2013年公開の洋画作品の中で最速(公開10日間)で15億円を突破。5月3日の全米公開では、オープニング3日間で1億7,530万ドルを稼ぎ、『アベンジャーズ』に次ぐ歴代2位を記録。世界合計の興行収入でどこまで歴代のベスト3(『アバター』『タイタニック』『アベンジャーズ』)に肉薄できるか?全世界の注目が集まっている。

今回到着した映像は、トニーとペッパーの2ショットシーン。『アベンジャーズ』の戦いで、人類の存続を揺るがす脅威が存在することを思い知らされたトニーは、その恐怖を忘れるためにアイアンマンスーツの開発に没頭する。それでもまだ悪夢にうなされ、消化できないでいる現状をペッパーに告白するというシーンで、トニーが愛するペッパーだけに見せる姿が印象的だ。

もう一本は、マリブの崖の上に立つトニー邸が、“マンダリン”率いるテロリスト集団に奇襲されるという衝撃のシーン。崩れ落ちる中でトニーは開発途中のアーマーを“操って”装着し、危機を逃れようとするが、このシーンでは、<マーク42>へと進化を遂げたアーマーの高性能ぶりが確認できる。

さらに、最後の一本は、ロバート・ダウニー Jr.がキャストについて語るインタビュー映像。共演したガイ・ピアースについて「この国の宝というべき役者」と絶賛しているほか、前2作の監督であり、トニーの運転手兼ボディーガード“ハッピー”を演じるジョン・ファヴローについて「彼が中心のシーンを設けて、彼が演技に集中し、純粋に楽しんでもらいたかった。『アイアンマン』シリーズを育んだ彼と触れ合うのは重要だったし、見どころにもなっている」など、愛情あふれるコメント。謎のテロリスト“マンダリン”を演じたベン・キングスレーを、「積極的にアイデアを持ち寄り、無邪気な子供のように即興で演技する。即興が得意な僕でも感服した。あの芝居がなければ完成しなかった」と称賛している。

2013年5月17日
『アイアンマン3』
2013年4月26日(金) 2D/3D日本先行公開
公式サイト:http://Ironman3.jp