ニュース&レポート

フィギュアスケート史上、最もスキャンダラスな事件に迫る!『アイ,トーニャ』予告編が解禁

アイ,トーニャ 史上最⼤のスキャンダル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
フィギュアスケート史上最⼤のスキャンダル<ナンシー・ケリガン襲撃事件>の引き金となった実在のフィギュアスケーター、トーニャ・ハーディングの波乱万丈な半⽣を描いた話題作『アイ,トーニャ 史上最⼤のスキャンダル』の本予告編が解禁された。
フィギュアスケート史上、最もスキャンダラスな事件に迫る!『アイ,トーニャ』予告編が解禁『アイ,トーニャ 史上最⼤のスキャンダル』『アイ,トーニャ 史上最⼤のスキャンダル』『アイ,トーニャ 史上最⼤のスキャンダル』『アイ,トーニャ 史上最⼤のスキャンダル』『アイ,トーニャ 史上最⼤のスキャンダル』

本作は、アメリカ⼥性初のトリプルアクセル成功者で2度のオリンピック代表選⼿となったトーニャ・ハーディングの波乱万丈な半⽣を描いた物語。1本のドキュメンタリー番組から映画化プロジェクトが始まり、彼⼥の⽣いたちから、⼤きな影響を与えた⺟親をはじめとする特殊な⼈間関係、そして、ライバル衝撃事件から前代未聞の靴紐問題まで追求する。

主人公のトーニャ・ハーディング役は『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役で⼀躍スターダムを駆け上がったマーゴット・ロビーが熱演。脚本に惚れ込み本作のプロデューサーにも名を連ねたマーゴット・ロビーは、トーニャ・ハーディングのスケーティングのみならず、振る舞いを完全にコピーし、悪名⾼き伝説のフィギュアスケーターの真実を的確に伝えているとの評価を獲得。

また、トーニャの⺟ラヴォナを演じたアリソン・ジャネイは、7度のエミー賞受賞歴を持ち、先⽇発表された第90回アカデミー賞、第75回ゴールデングローブ賞でも本作で助演⼥優賞を受賞した実⼒派。「あの娘は、どうせダメだって⾔わないと⼒を発揮しないんだ」と⾝勝⼿すぎる理念のもと、⾔葉と⾁体の暴⼒で娘をねじ伏せる⻤⺟を強烈な存在感をもっで怪演する。ほかに、トーニャの元夫・ジェフ・ギルーリー役には、『キャプテン・アメリカ』シリーズ、『ブラック・パン サー』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のバッキー役でお馴染みのセバスチャン・スタンが担当。愛する者を暴⼒で⽀配する男の複雑な感情を⾒事なまでに表現する。

解禁された映像では、「私を嫌う⼈は皆こういう、"トーニャ、事件の真相を話せ"」というトーニャのナレーションに続き、「"真実"って何よ?」と⿐で笑う姿が。⼦供だったトーニャに異常な熱⾎指導をする⻤⺟ラヴォナ、トーニャに⼀⽬惚れした元夫ジェフ・ギルーリーやコーチ、ジェフの友⼈・ショーンらも登場。世界トップのフィギュアスケーターになるまで、彼⼥を待ち受ける様々な試練、そして⼀度は栄光を掴み、アメリカ中から⼤きな期待を寄せられたトーニャの⼈⽣が転落していく様子が映し出され、最後には「私からスケートを奪わないで」と泣き出す姿も。世界中を騒がした襲撃事件の意外な真実とは─?

2018年3月23日
『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』
2018年5月4日(金・祝)よりTOHOシネマズ他、全国ロードショー
公式サイト:http://tonya-movie.jp