ニュース&レポート

ローワン・アトキンソン主演映画『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』邦題&公開決定!

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
Mr.ビーンでお馴染みのローワン・ワトキンソンが、ジェームズ・ボンドさながら(?)のMI:7謀報員に扮する人気スパイ・コメディ第2弾の邦題が『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』に決定。2012年1月21日(土)より公開されることになった。
ローワン・アトキンソン主演映画『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』邦題&公開決定!

2003年に全世界で1億6000万ドル以上の興行収入を上げ大ヒットした映画『ジョニー・イングリッシュ』。その続編として既に世界各国で公開され、イギリスをはじめ世界33ヵ国でオープニング1位を獲得。ローワン・アトキンソンの出演ヒット作中、最高のスタートを切った『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』。

本作は、中国首相の暗殺計画を阻止するミッションを課せられた“天災的スパイ”ジョニーが、チベット、香港、スイスを股にかけワールドワイドに大活躍(!?)、007シリーズに負けるとも劣らない秘密兵器が次々登場し、国際暗殺組織とジョニーの息詰まる攻防が繰り広げられる抱腹絶倒のアクション・コメディ。

あのMr.ビーンがボンドのように立ち回り、案の定失態を演じるのだから、オトボケ加減の激しさも想像できるだろう。主演のローワン・アトキンソンは、いたずらっ子のような表情を武器にして、今回も妙演を存分に披露。モータボート・チェイスから高速車椅子での逃走、ケーブルカー上での死闘、さらにはカンフーまで披露し、もちろんユニークな秘密兵器も活躍。それらが効果を発揮するのか否かはともかく、前作から格段にスケールアップしていることに疑いの余地はない。

さらに『X-ファイル』のスカリー役でおなじみのジリアン・アンダーソンが、イングリッシュに振り回される上司役で出演。また、『007/ダイ・アナザー・デイ』ではボンドを裏切る女スパイに扮したロザムンド・パイクがヒロイン、ケイトを演じている点も見逃せない。

『007』シリーズのパロディに前作以上に接近し、バージョン・アップを遂げた“ジョニー・イングリッシュ”。イーサン・ハントが『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』(12/16公開)で復活を遂げ、ジェームズ・ボンドは『007 スカイフォール(原題)』で2013年お正月映画として帰ってくることになり、今後の諜報戦線は熾烈化必至となる!
2011年11月4日
『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』
2012年1月21日(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショー!
公式サイト:http://je-kiyasume.jp/