ニュース&レポート

“天災的スパイ”が帰ってきた!『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』11月公開!特報映像解禁

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
「Mr.ビーン」シリーズのローワン・アトキンソン主演、“天災的スパイ”の活躍を描いたアクション・コメディシリーズ、6年ぶりの最新作『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』の公開が、11月9日(金)に決定し、ポスター&特報映像が解禁された。
“天災的スパイ”が帰ってきた!『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』11月公開!特報映像解禁
ジェームズ・ボンドと同じく、イギリスのスパイなのにコードネーム(007)は特になし、イーサン・ハントと異なり、どんな作戦(ミッション)も全て不可能(インポッシブル)にしてしまう、恐れを知らない&危険を知らない&そして何にも分かっていない“天災的スパイ”ジョニー・イングリッシュ。

主人公ジョニー・イングリッシュを演じるのは、“Mr.ビーン”として日本でも大ブレイクした、イギリスを代表するコメディアン、ローワン・アトキンソン。謎の女オフィーリアに『007/慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコ、イギリスの首相に『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・トンプソンなど、無駄に豪華過ぎる女優陣が脇を固めるほか、主人公の相棒ボフ役に『ジョニー・イングリッシュ』のベン・ミラー、アメリカのIT長者ヴォルタに『ランペイジ 巨獣大乱闘』のジェイク・レイシーが出演する。

解禁されたポスターでは、ローワン・アトキンソン演じるジョニー・イングリッシュが二丁拳銃を構え、ビシッと決めているはずなのに、銃口は明後日を向いている。緊張感はどこへやら、ゆるさが止まらないポーズとその表情に、思わずクスリとにやけずにはいられない。

合わせて公開された特報も、冒頭から『007』シリーズ最新作を彷彿とさせる緊張感に思わず息を飲む。しかし、伝説のスパイとして満を持して登場するのは、ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドではなく、ローワン・アトキンソン演じるジョニー・イングリッシュ。

物語は、サイバー攻撃によってイギリスの諜報機関MI7の現役スパイ達の情報が漏洩してしまい、最後の頼みの綱として、隠居していたジョニー・イングリッシュが何故か呼び出される。早速、裏で操るハッカーを見つけるべく、任務を開始するが、限られたスキルしか持っていない彼にとって、最先端のテクノロジーの方が脅威だった…。VR(バーチャル・リアリティ)でミッションのデモンストレーションを始めるが、アナログ丸出しのイングリッシュは器具を装着したまま外へ飛び出してしまう。横断歩道では散歩する犬と同じく四つん這いで歩き、パン屋ではフランスパンで店員をボコボコにするなど、完全に大迷惑。

ポスターには“時代遅れが世界を救う!”とあるが、本当にジョニーは世界を救う事が出来るのか?

2018年8月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』
2018年11月9日(花金)全国ロードショー
公式サイト:http://johnnyenglish.jp