ニュース&レポート

永井豪のアニメをモチーフにしたイタリア映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 2017年5月公開決定

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
永井豪の日本製アニメ「鋼鉄ジーグ」をモチーフにした注目のイタリア映画『Lo chiamavano Jeeg Robot(原題)」が、『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』の邦題で、2017年5月より全国順次公開が決定。あわせてティーザービジュアルと特報が解禁された。
永井豪のアニメをモチーフにしたイタリア映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 2017年5月公開決定
映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』は、1975年に日本で放送開始、1979年にイタリアで放送された永井豪原作のアニメ「鋼鉄ジーグ」を重要なモチーフにした、イタリア映画には珍しいダークヒーロー・エンターテインメント。昨秋のローマ国際映画祭プレミアで熱狂と共に迎え入れられ今春本国で公開、イタリア・アカデミー賞とも言われるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では最多16部門ノミネートの末、最多7部門を受賞。名実共に、2016年のイタリア映画を代表する一本となった。

舞台は、テロの脅威に晒される荒廃したローマ郊外。孤独なチンピラ、エンツォは、ふとしたきっかけで超人的なパワーを得てしまった。始めは私利私欲のためにその力を使っていたエンツォだったが、世話になっていた“オヤジ”を闇取引の最中に殺され、遺された娘アレッシアの面倒を見る羽目になったことから、彼女を守るため正義に目覚めていくことになる。アレッシアは日本製アニメ「鋼鉄ジーグ」のDVDを片時も離さない熱狂的なファン。怪力を得たエンツォを「鋼鉄ジーグ」の主人公、司馬宙(シバヒロシ)と同一視して慕い、いつしか二人の間には、ほのかな愛情が芽生えるのだが、彼らの前に、闇の組織のリーダー、狂気に満ちたジンガロが立ちふさがる…。

永井豪のアニメをモチーフにしたイタリア映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 2017年5月公開決定

監督は本作が長編デビューとなる、幼い頃から日本製アニメの大ファンだったというガブリエーレ・マイネッティ。主人公エンツォには、イタリア映画界きってのスター、クラウディオ・サンタマリア(『海と大陸』『緑はよみがえる』)が、体重を20キロ増量して臨んだ。そして、『ダークナイト』のヒース・レジャーを彷彿とさせる敵のジンガロ役には、主演作が相次ぐ人気俳優ルカ・マリネッリ(『グレート・ビューティ/追憶のローマ』)。二人が激突するサッカースタジアムでのクライマックスは本作最大の見どころとなる。

今回解禁された特報は、実力派として人気の俳優・遠藤憲一がナレーションを担当しており、マイネッティ監督のオリジナリティあふれる物語への期待感を、より一層ふくらませる映像になっている。また、永井豪氏は「犯罪と汚濁まみれのローマの下町で、アニメヒーロー『鋼鉄ジーグ』に憧れる女性の為、正義の戦いに立ち上がる“男の純情”が美しい!!「ガンバレ、君は鋼鉄ジーグだ!!」」とコメントを寄せている。



『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』
監督・音楽・製作:ガブリエーレ・マイネッティ
出演:クラウディオ・サンタマリア、ルカ・マリネッリ、イレニア・パストレッリ、ステファノ・アンブロジ、マウリツィオ・テゼイ、フランチェスコ・フォルミケッティ、ダニエーレ・トロンベッティ、アントニア・トルッポ、サルヴォ・エスポジト、ジャンルカ・ディ・ジェンナー
原題:Lo Chiamavano JeegRobot
2015/イタリア/カラー/119分
配給:ザジフィルムズ
(C) 2015 GOON FILMS S.R.L.Licensed by RAI Com S.p.A. –Rome, Italy. All rights Reserved.公式サイト:www.zaziefilms.com/jeegmovie/

2017年5月より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
2016年12月27日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』
2017年5月20日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
公式サイト:http://www.zaziefilms.com/jeegmovie/