ニュース&レポート

園子温監督『地獄でなぜ悪い』が、第70回ベネチア国際映画祭 オリゾンティ部門に正式出品!

地獄でなぜ悪い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
9月28日(土)より公開される、園子温監督の最新作『地獄でなぜ悪い』が、8月28日からイタリアで開催される、第70回ベネチア国際映画祭のオリゾンティ部門に正式出品されることが決定した。
園子温監督『地獄でなぜ悪い』が、第70回ベネチア国際映画祭 オリゾンティ部門に正式出品!

映画『地獄でなぜ悪い』は、園子温監督が十数年前に野心を胸に執筆しあたためていた脚本を、改めて自身で加筆。当時の映画に対する純粋な思いを吐き出した渾身の一作。主演は園組へ初参加となる國村隼。共演者には堤真一、長谷川博己、星野源、二階堂ふみ、友近など個性豊かな面々を迎え、唯一無二のアンサンブル・キャストによる夢の競演が実現した。

物語は、國村演じるヤクザの組長・武藤が、娘・ミツコ(二階堂)を主演に映画製作を決意。映画の神様を信じるうだつのあがらない映画青年(長谷川)と、通りすがりのフツーの青年(星野)を監督に迎え、スタッフ&キャストはオールヤクザ、さらにミツコに恋心を抱く池上(堤)までをも巻き込んで、ホンモノのヤクザ抗争を舞台に、史上最も命がけな映画が電光石火のごとくクランクインする…。

園子温監督作品がベネチア国際映画祭映画祭へ出品されるのは、『冷たい熱帯魚』(2010年/オリゾンティ部門)、『ヒミズ』(2011年/コンペティション部門)に続き2年ぶり3度目。『ヒミズ』では、主演の染谷将太と二階堂ふみが、新人俳優を対象にしたマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞している。

映画祭出品の一報を受け、園子温監督は、「ベネチア国際映画祭は、三度目になりますが、やはり嬉しいです。前回は我が妻へプロポーズした場所でもありますから、感慨深いです!」とコメント。主演の國村も「『地獄でなぜ悪い』は《映画》に夢を託した人達の、愛と恐怖の物語です。この作品は、撮影中から世界中の人に見て欲しいと思っていました。この度、歴史有るベネチア国際映画祭から招待を受けて、そこに集う世界中の映画を愛する人々に見て貰う機会を頂けました。最高の喜びです」とコメントを寄せている。

園子温監督初となる超娯楽作品にして痛快無比のウルトラ・アクション活劇。ヤクザ抗争と映画愛がつまった本作を、世界がどのように評価するのか注目が集まる。第70回ベネチア国際映画祭は、2013年8月28日から9月7日(イタリア現地日程)まで開催される。
2013年7月26日
『地獄でなぜ悪い』
2013年9月28日(土)封切り!新宿バルト9他全国ロードショー!
公式サイト:http://play-in-hell.com