ニュース&レポート

韓国版“ラスト、コーション”、ソン・スンホン主演『情愛中毒』予告編が解禁

情愛中毒

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
韓流トップスターのソン・スンホンが、初のベットシーンに挑戦し話題を呼んだ映画『人間中毒』が、邦題『情愛中毒』として、11月22日(土)より公開。禁断の情愛を描いた本作の予告編が解禁された。
韓国版“ラスト、コーション”、ソン・スンホン主演『情愛中毒』予告編が解禁
本作は、ベトナム戦争が終盤に差し掛かった1969年を舞台に、軍の教育隊長キム・ジンピョン(ソン・スンホン)と、彼の部下の妻チョン・ガフン(イム・ジヨン)の、危険で破滅的なスキャンダルを描いたドラマ。

真っ直ぐでいつもヒロインを後ろから見守る純情男の代名詞であった韓流新四天王のソン・スンホンが、デビュー18年目で初めて大胆な変身を試みた本作は、韓国版『ラスト、コーション』と話題を呼び、青少年観覧不可(19禁)ながら公開初週、『GODZILLAゴジラ』『トランセンデンス』などの大作を抑え、観客動員数1位の大ヒットスタートを記録した。

予告編ではソン・スンホン演じるエリート軍人が許されないスキャンダラスで激しい情愛に落ちていく様が覗き見れる。大胆な露出シーンはもちろん、相手役との濃密なベッドシーンまで完璧に演じきり、セクシーな魅力が大炸裂、ファンはその甘い香りに溺れることだろう。

また、本作は韓国映画としては初めて1969年の最富裕層の軍官舎という時代的・空間的な舞台の完璧な再現や、クラシカルで品格のある制服、モダンなデザインのドレスなど、1960年代の趣を活かした美学的な完成度も、映画を楽しむもう一つの期待要素となっている。

2014年8月5日
『情愛中毒』
2014年11月22日(土)シネマート新宿ほか、ロードショー