ニュース&レポート

有村架純、山本美月、リーダー桐谷美玲のもとで格闘アクション!『女子ーズ』公開は6月7日

女子ーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
福田雄一監督最新作となる戦隊コメディ『女子ーズ』で、桐谷美玲がリーダーを務める戦隊のメンバーが発表され、有村架純、山本美月、藤井美菜、高畑充希らが出演していることが発表され、ポスター画像が解禁。公開日も6月7日(土)に決定した。
有村架純、山本美月、リーダー桐谷美玲のもとで格闘アクション!『女子ーズ』公開は6月7日
「勇者ヨシヒコ」シリーズ、「コドモ警察」『HK/変態仮面』の福田雄一監督が、長年構想を練っていた、<戦隊ヒーロー+女子>のオリジナル脚本となるヒーローコメディ『女子ーズ』。

福田監督が長年の人生経験から学んだ、不条理かつ理解を越えたもの<女子>を描くにあたり、それぞれに女子特有の個性が与えられた5人のヒロインたち。生真面目な性格から女子ーズのリーダーとなるレッド(赤木直子)を桐谷美玲が演じることも話題となったが、これに加えて、今最も旬な4人の女優の参加が発表された。

かなりギャルなブルー(青田美佳)に、『武士の家計簿』『MONSTERZ モンスターズ』等数々の映画・ドラマで活躍、最近では韓国での活躍も注目される藤井美菜。極めて貧乏なイエロー(黄川田ゆり)に、現在放映中のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」での、杏扮する卯野め衣子の義理の妹、西門希子役で一躍注目を集めている高畑充希。夢見る劇団員グリーン(緑山かのこ)に、昨年の顔ともいえる大ヒットドラマ「あまちゃん」で、大ブレイクを果たし、本年もCX月9ドラマ「失恋ショコラティエ」など話題作への出演が続く有村架純。すこぶるお嬢なネイビー(紺野すみれ)に、『桐島、部活やめるってよ』で一躍注目を集め、『黒執事』、「僕のいた時間」など話題作への出演が相次ぎ、現役のCanCamモデルも務める山本美月。

本作の撮影は2013年3月に行われており、その後“女子ーズ”の出演メンバーが、それぞれ大躍進を果たしたこともあり、二度と見られないかもしれない華やかな共演となった。特撮ヒーローの聖地である採石場での怪人や戦闘員との戦いでは、スタントコーディーネーター指導による本格的な格闘シーンもありつつ、5人の女子力を活かしたトークによる口撃も見どころのようで、意外性のキャスティングと独自の演出に定評のある福田監督のもと繰り広げる驚異の変身ぶりに期待がかかる。

そして今回解禁されたポスターでは、“女子ーズ”の5人が勢ぞろいして、本編撮影時に綿密に振りつけたぞれぞれの決めポーズを披露。“女子ーズ”のコスチュームは、「逆境ナイン」「燃えよペン」「アオイホノオ」などの熱血漫画家として知られる島本和彦氏がデザインを担当。故石ノ森正太郎氏を師と仰ぎ、「ウルトラマンG」「仮面ライダーZO」などの特撮ヒーロー漫画の第一人者ともいえる島本デザインにより、昭和の特撮ヒーローを彷彿とさせる、懐かしくも可愛らしい戦隊ヒロインのコスチュームに身を包んだ女子ーズが誕生。これには福田監督も「カッコ良くも、とても美しくてかわいい仕上がりになった」と大満足。

また、ポスター背後にぼんやり浮かぶ司令官チャールズを演じる佐藤二朗をはじめ、安田顕、皆川猿時など福田作品常連メンバーが安定した怪演を披露。妙に完成度の高い怪人と対峙する、若干チープな女子ーズロボなど、ディテールにこだわりつつも、脱力感溢れる福田雄一ワールドが全開となっているようだ。

『女子ーズ』
監督/脚本:福田雄一
出演:桐谷美玲、藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月

2014年6月7日(土)新宿バルト9他全国ロードショー
2014年1月24日
『女子ーズ』
2014年6月7日(土)、新宿バルト9他全国ロードショー
公式サイト:http://jyoshizu.com/