ニュース&レポート

テリー・ギリアム、『ジュピター』に“化石のような役人”でゲスト出演!劇中場面が解禁

ジュピター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
3月28日(土)公開のウォシャウスキー姉弟監督最新作、チャニング・テイタムとミラ・クニスが主演するSFアクション『ジュピター』。本作に『未来世紀ブラジル』の名匠テリー・ギリアムがゲスト出演を果たしていることが明らかになり、劇中の出演シーンが解禁となった。
テリー・ギリアム、『ジュピター』に“化石のような役人”でゲスト出演!劇中場面が解禁

映画『ジュピター』は、ラナ&アンディ・ウォシャウスキー監督が『マトリックス』以来初の完全オリジナル・ストーリーで描くSF巨編。全人類が、宇宙最大の王朝に支配された世界で、人類の危機を阻止するため、身分の違う二人が王朝を相手に戦いを挑む。

ウォシャウスキー姉弟の熱烈オファーで実現したゲスト出演したテリー・ギリアムは、「ウォシャウスキー姉弟から、『未来世紀ブラジル』風の世界で、化石みたいな役人をやってくれないかと頼まれたら、嫌だと言えると思うかい? 私は前から彼らのファンなんだよ。彼らは頭がいいし、実に素晴らし作品を作る」と出演への喜びを語っている。

熱狂的なファンをもつイギリスのコメディ・グループ、モンティ・パイソンのメンバーであり、『未来世紀ブラジル』(85)、『12モンキーズ』(95)などの傑作SFを手掛けてきたテリー・ギリアム監督。これまでマット・デイモン、ヒース・レジャー、ジョニー・デップ、ブラッド・ピットなどの大スターたちを虜にしてきた監督は、74歳の今も精力的に活動を続けており、今月、再び近未来を舞台に描いた新作『ゼロの未来』で5年ぶりの来日を予定している。

本作ではウォシャウスキー姉弟の世界観に、『スターウォーズ』『2001年宇宙の旅』などSFの金字塔として語り継がれてきた名作へのオマージュが盛り込まれている。本編でミラ・クニス演じるジュピターが、王家の一員としての資格を正式に認めてもらうために向かう、連邦本部を構成する各部署が配置されている迷宮のような場所、そしてギリアム演じる紋章印を管理する大臣役のキャラクターは、まさに彼の代表作『未来世紀ブラジル』を彷彿とさせる。

ギリアムはこのシーンで茶目っ気たっぷりにコミカルな演技を見せており、「気難しい老いぼれじいさんを演じるのはけっこう楽なもんだよ。かがんで、背中を丸めて、ヘンテコな声でしゃべり始めたら出来上がりだ。私がカメラの前で何かしたのはじつに久しぶりだった」とコメント。SFファンはぜひ劇中で彼の名演に注目してほしい。
2015年3月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ジュピター』
2015年3月28日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 全国ロードショー
公式サイト:http://www.jupitermovie.jp