ニュース&レポート

ウォシャウスキー姉弟が放つSF巨編『ジュピター』が、3月28日公開決定

ジュピター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『マトリックス』の監督ラナ・ウォシャウスキーとアンディ・ウォシャウスキーが、チャニング・テイタムとミラ・クニスを主演に迎えて贈るオリジナルSFアクション超大作『ジュピター』の日本公開が、3月28日(土)に決定し、キャラクタービジュアルが解禁された。
ウォシャウスキー姉弟が放つSF巨編『ジュピター』が、3月28日公開決定

映画『ジュピター』は、ラナ&アンディ・ウォシャウスキー監督が『マトリックス』以来初の完全オリジナル・ストーリーで描くSF巨編。

地球で冴えない生活をしている普通の女性ジュピター・ジョーンズ(ミラ・クニス)。ある日何者かに襲われ、突然現れた強靭な戦士に助けられたジュピターは、自分が宇宙最大の王朝の王族だと知らされる。彼女を助けた強靭な戦士の名はケイン(チャニング・テイタム)。遺伝子操作によって狼の遺伝子を持って生まれた、遠い星の最下級の戦士だ。王朝では3人の継承者たちが支配権を争っていた。彼らは亡き母と同じ遺伝子配列を持つジュピターが、生まれ変わりとして引き継ぐ地球を狙っていた。10万年前から支配してきた全人類を、今まさに滅ぼそうとしているのだ。身分の違いから、決して結ばれない運命のジュピターとケインが、人類の危機を阻止するため宇宙最大の王朝を相手に戦いを挑む。

主演は『ホワイトハウス・ダウン』『GIジョー』のチャニング・テイタムと『ブラック・スワン』『テッド』のミラ・クニス。2012年People誌の最もセクシーな男性の第1位と、2012年米Esquire誌の最もセクシーな女性の第1位を獲得した二人の夢の共演。さらに『博士と彼女のセオリー』でゴールデン・グローブ賞主演男優賞に輝き、アカデミー賞主演男優賞の最有力であるエディ・レッドメインが彼らの敵を怪演するほか、ショーン・ビーン、ダグラス・ブースも参加する。

解禁されたキャラクタービジュアルでは、『スター・ウォーズ』のような壮大な世界観、『ブレードランナー』のブラスターのような銃を手にした主人公など、SF映画の金字塔と称される傑作へのオマージュも垣間見える。
2015年2月2日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ジュピター』
2015年3月28日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 全国ロードショー
公式サイト:http://www.jupitermovie.jp