ニュース&レポート

山崎まさよし、14年ぶり長編映画主演 横山秀夫原作「影踏み」実写映画化 監督は篠原哲雄

影踏み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
「クライマーズハイ」「64」などで知られる大ベストセラー作家・横山秀夫氏の小説「影踏み」が、山崎まさよし主演で実写映画化されることが決まった。
山崎まさよし、14年ぶり長編映画主演 横山秀夫原作「影踏み」実写映画化

原作「影踏み」は、警察小説が多い横山作品の中では希少な犯罪者側を主人公にした小説。通称「ノビ師」と呼ばれる泥棒が、彼に降りかかる難事件に立ち向かい、幼馴染のヒロインとの恋と泥棒家業の狭間に揺れ動くという、横山作品の中でも女性ファンが多い恋愛ミステリー。

主演には、『8月のクリスマス』以来14年ぶりの長編映画主演を果たす山崎まさよし。メガホンをとる篠原哲雄監督とは、実に『月とキャベツ』以来22年ぶりに長編映画でタッグを組む。また、主題歌も山崎まさよし本人が担当。『月とキャベツ』の主題歌として大ブレイクした「One more chance,one more time」が近年再び脚光を浴び、注目が集まる山崎の主題歌も話題になること間違いなく、本作とどのようなコラボレーションが生まれるのか、期待がかかる。

本作は、群馬県・中之条町で18年続く「伊参スタジオ映画祭」が縁で始まった。『月とキャベツ』を繰り返し観るほどのファンで、自身の作品が山崎主演で映像化されたらという願望を抱いていた横山。長年横山作品のファンで作品を読み漁ってきた山崎。『月とキャベツ』の公開20周年をきっかけに山崎との再タッグを望みつつ、いつか横山作品を映像化したいと考えていた篠原監督。3人のそれぞれの想いは、2016年の同映画祭に3人がぞれぞれゲストとして参加したことで融合。横山が山崎に合う作品として自ら「影踏み」を提案するというまさに必然ともいえる成り立ちの末、映画化が実現した。

本作は、今年5月から群馬県を舞台にオールロケにてクランクインを予定し、来春以降公開予定。その他、豪華キャストを予定しており、後日発表される。

横山秀夫(原作)コメント

泥棒を主人公とする「影踏み」について
警察などの組織も泥棒も同じフィールドにある感覚なんです。組織と個人の関係を突き詰めて考えていくと、最終的にはどんな立場の人間であれ世の中のしがらみと無縁ではいられない。すべての人間はそこから逃れられない。地面スレスレから見た社会を描きたいと思いました。

映画への期待
山崎さんと篠原監督が素晴らしい世界観を作ってくれるでしょうから、原作にとらわれずに作っていただきたい。僕はその『影踏み』を楽しみたいと思っています。
ミュージシャンとして人の心を盗むのがうまい山崎さんは、実は“泥棒”という役がぴったり合うんじゃないかと思っています。でも、山崎さんを泥棒にしてしまって申し訳なく思っています(笑)

山崎まさよし(主人公・真壁修一役) コメント

久しぶりの長編映画主演について
今回は、過去の経験も踏まえて最初から主演でとお話をいただきました。ずっと役者とは全く違う動きの中で活動してきたので、今はプレッシャーを感じています。

真壁という役について
今回はミュージシャンである自分とはかけ離れていますが、歌を書く時の目線は底辺から色んな景色を見たいと思って歌を作っています。その意味では真壁と同じ目線になれるような気がします。そういう共通項を自分の中に見つけていければと思っています。
真壁もしくじりから始まっているし、心の闇も抱えているから、真摯に役に向き合っていきたいです。

横山秀夫作品の魅力
どの作品でも、普段クローズアップされないポジションにスポットを当てているところ、普段は人々が知るよしもない人間臭い部分を描いているところが好きなんです。

今後手掛ける主題歌について
悲しさやどうにもならない気持ち、救い、最後には報われるのか、形はわからないけどそんな主題歌が書けたら。登場人物が抱えるジレンマや葛藤はこの物語に出てくる人誰もが持っているものです。その部分が成就していく醍醐味を描きたいと思います。

篠原哲雄監督コメント

撮影に向けての意気込み
僕のイメージとしては、色んな設定を通じて浮かび上がってくる人間の造形を描きたいと思っています。“中耳”にいる人間は真壁にとっては分身で切っても切れない存在です。その男の成長と愛と決別の物語だと思っています。確かな結論がいつもあるわけではないので、山崎くんに演じてもらう中で見えてくるものがあると期待しています。

山崎まさよしの魅力
男のダメなところを自然に演じられる、人間の弱さを悪びれずに自然体に演じられるのが魅力です。色んな役で人間の表面化しない裏側も悲哀を伴って出てくる感じが僕は好きなんです。愛すべきアウトローですかね。
一緒に仕事をするたびにいつも新しい山崎くんを発見できています。権力に対しての反抗心は誰にもどこかあるし、泥棒という仕事が成功するかどうかというスリル、緊張感、快楽はステージに立つ時のものと似ている気がするんです。今回も彼の魅力をどう引き出せるかが楽しみです。

『月とキャベツ』に続いての群馬での撮影。今回はどういう風景を撮る?
今回は群馬のあらゆるところ、住宅街や田んぼや空き地といったとりとめのない空間での撮影になります。そのとりとめのない風景を乾いた面白さとして捉えたいと思っています。
2018年3月23日