ニュース&レポート

戸田恵梨香・満島ひかりが見せる“ワケあり女”たちの悲哀 『駆込み女と駆出し男』本予告編が完成

駆込み女と駆出し男

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
井上ひさしの時代小説を、原田眞人監督が映画化、 大泉洋主演、戸田恵梨香・満島ひかりが共演する映画『駆込み女と駆出し男』の本予告編が解禁された。
戸田恵梨香・満島ひかりが見せる“ワケあり女”たちの悲哀 『駆込み女と駆出し男』本予告が完成

映画『駆込み女と駆出し男』は、国民的作家、井上ひさしが晩年11年をかけて紡いだ時代小説「東慶寺花だより」を原案に、『クライマーズ・ハイ』『わが母の記』の原田眞人監督が初めて時代劇に挑戦。江戸時代、離婚を望む女たちが駆込む寺―東慶寺の門前に建つ御用宿を舞台に、離縁を願う女たちの手助けをする主人公の男と、さまざまな事情を抱えて駆込んでくる女たちの姿を描く。

予告編では、ナレーションと樹木希林演じる離縁調停人・柏屋源兵衛の情感こもった台詞で、駆込み寺“東慶寺”と江戸時代の離婚事情が分かりやすく説明されている。また戸田恵梨香演じるじょごの台詞「世の中には辛い目におうた女達がようけおるもんですね」や、満島ひかり演じるお吟の切ない涙など駆込み女達の悲哀が映されながらも、「さまざまな出会いと別れが、女達を強くする」のナレーション、それに続く「人生は、素敵だ。」というコピーに、希望あふれる本作のラストが期待できる。

その他、信次郎(大泉洋)が女達の人生再出発を手伝い見守る様子はもちろん、色気たっぷりの堀切屋(堤真一)や曲亭馬琴(山﨑努)など豪華キャストの姿も垣間見られる。

2015年3月27日
『駆込み女と駆出し男』
2015年5月16日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://kakekomi-movie.jp