ニュース&レポート

宮沢りえ主演『紙の月』が東京国際映画祭「コンペティション部門」日本代表作品に決定

紙の月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
宮沢りえが7年ぶりに映画主演を務める『紙の月』が、10月23日より開幕する第27回東京国際映画祭の「コンペティション部門」へ、日本代表作品として出品されることが決まった。
宮沢りえ主演『紙の月』が東京国際映画祭「コンペティション部門」日本代表作品に決定

映画『紙の月』は、直木賞作家、角田光代の長編小説を映画化したサスペンス・ドラマ。メガホンをとるのは、昨年の日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した『桐島、部活やめるってよ』の鬼才、吉田大八監督。そして、今や日本を代表するトップ女優として多方面に活躍する宮沢りえが、平凡な主婦でありながら巨額横領に手を染めていく主人公を演じ、7年ぶりの映画主演を務める。

10月23日より開幕する第27回東京国際映画祭は、六本木をメイン会場としながら新たに「TOHOシネマズ日本橋」「歌舞伎座」にもエリアを拡大。今年は“作品重視”をコンセプトとして掲げ、例年以上に大きく力を注ぐのが「コンペティション部門」。『紙の月』は、映画祭の“顔”となる「コンペティション部門」に、邦画で唯一の出品となる。

■主演:宮沢りえ コメント

脚本を受け取った日から、撮影が終わるまで、梨花という手強い女を演じる覚悟を持ち続けるのは、地球一周マラソンするくらいのエネルギーでした。そんな撮影の日々。吉田監督の繊細で粘り強い演出はそんなワタシの栄養剤でした。曝け出し、走り抜けた作品は、ワタシにとって強烈な記憶となりました。観てくださった方にもそうであったら、しあわせです。

■監督:吉田大八 コメント


社会の敵として、さわやかに破滅する」ヒロインの映画が、文字通り世界を敵に回す絶好の機会を得て、とても興奮しています。どうかこの挑発に乗り、彼女がどこまで走り抜けるのかを最後まで見届けてください。

■東京国際映画祭プログラミングディレクター:矢田部吉彦 コメント


登場人物をいかに魅力的に描くかということに神経を注ぐ演出家である吉田監督と、抑圧からの解放と転落を見事に演じきった宮沢さんとの出会いは運命的であり、両者のケミストリーが今年の日本映画を代表する1本を生み出した。コンペティションでお迎えできることに興奮しています。
2014年9月18日
『紙の月』
2014年11月15日(土)全国ロードショー!
公式サイト:http://kaminotsuki.jp