ニュース&レポート

愛する娘は、バケモノでした── 中島哲也監督最新作『渇き。』が7月4日公開決定

渇き。

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『下妻物語』『告白』の中島哲也監督の最新作、役所広司&小松菜奈ほか豪華キャストが出演する映画『渇き。』が遂に完成。公開日が7月4日(金)に決定した。
愛する娘は、バケモノでした── 中島哲也監督最新作『渇き。』が7月4日公開決定
元刑事のロクデナシ親父・藤島(役所広司)に離婚した元妻から連絡が入った。成績優秀なうえ、容姿端麗、学園のカリスマでもある女子高生の娘・加奈子(小松菜奈)が失踪したという。自分のせいで全てを失った男が、再び“家族”を取り戻すべく、姿を消した娘の行方を追うことに。娘の交友関係をたどって行く先々で、語られる「知らない加奈子像」に戸惑う藤島。想像を超えて肥大し、踏み入れるほどに見失う娘の正体。やがて藤島の激情は、果てしない暴走をはじめる―。

原作は、第3回「このミステリーがすごい!」大賞(04)を受賞した深町秋生のデビュー作「果てしなき渇き」(宝島社刊)。現在と3年前の出来事が同時並行で進みやがて交錯する、過激でディープな内容で、中島監督も「悪夢のような原作」と語る衝撃作だ。

映画史上最低のロクデナシ親父・藤島役には、ひさびさの汚れ役を演じる役所広司。失踪を遂げた美しき優等生の娘・加奈子役には、中島監督が抜擢した小松菜奈。そして藤島の元部下である刑事・浅井役に妻夫木聡。浅井と同じ署に勤める刑事・愛川役にオダギリジョー。加奈子の中学時代の不良少女の遠藤役に、二階堂ふみ。加奈子の高校の友人・森下役に橋本愛。さらに、加奈子の中学の担任・東役を中谷美紀が演じるほか、清水尋也、國村隼、黒沢あすか、青木崇高など、ベテラン・中堅・若手の豪華実力派俳優が集結する。

昨年8月7日から年末にかけて撮影が行われ、つい先日までポストプロダクション真っ最中だった本作。中島監督は「今までにない相当新しい映画となって、面白くお客様に観て頂けるんじゃないか」と語っており、「衝撃作であるとか、問題作であるってことを超えて、皆に観て頂けるエンタテインメント作品として作り上げられる手応えを感じております」と自信をのぞかせている。

『渇き。』
出演:役所広司 小松菜奈 
妻夫木聡 清水尋也 二階堂ふみ 橋本愛 / 國村隼 / 黒沢あすか 青木崇高 オダギリジョー/中谷美紀
監督:中島哲也
脚本:中島哲也 門間宣裕 唯野未歩子
原作:深町秋生 「果てしなき渇き」(宝島社刊)
企画・製作:ギャガ リクリ
製作プロダクション:リクリ
配給:ギャガ
(C) 2014「渇き。」製作委員会


2014年7月4日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー
2014年4月4日
『渇き。』
2014年6月27日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー
公式サイト:http://kawaki.gaga.ne.jp/