ニュース&レポート

古川雄輝主演×クァク・ジェヨン監督、知床を舞台に描くラブストーリー『風の色』予告編が解禁

風の色

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『猟奇的な彼女』『ラブストーリー』のクァク・ジェヨン監督の最新作で、古川雄輝主演のファンタジックラブストーリー『風の色』の公開が2018年1月26日(金)に決定し、予告編が公開された。
古川雄輝主演×クァク・ジェヨン監督、知床を舞台に描くラブストーリー『風の色』予告編が解禁

突然目の前から消えた恋人・ゆりの死から100日、彼女との想い出の品々を胸に、失意のどん底からマジシャンになることを決意した青年・涼。その後、“自分と生き写しの人間”の存在に気付き始めた彼は、生前「私たちはまた会える」、「流氷が見たい」と言っていた彼女の言葉に導かれるように、北海道へと向かう。そして、旅の途中で偶然出会った、亜矢と名乗る、ゆりと瓜二つの女性。彼女もまた、2年前の事故により行方不明になっていた、涼と瓜二つの天才マジシャン・隆との再会を待ち望んでいた──。

別次元にこの世界とまったく同じ世界が存在し、そこに自分とまったく同じ人間が生きていたら? 映画『風の色』は、流氷の北海道・知床と桜舞い散る東京を舞台に、時空を超えた2組の男女が繰り広げる、幻想的かつミステリアスで壮大なドラマ。

主演は、中国版ツイッター「Weibo」において158万人を超えるフォロワー数を誇り、ドラマ「重要参考人探偵」「僕だけがいない街」、映画『曇天に笑う』が控える古川雄輝と、公募オーディションで約1万人の中から選ばれた藤井武美。ほかに竹中直人、袴田吉彦、小市慢太郎、中田喜子といった実力派・ベテラン俳優が脇を固める。

解禁となった最新予告では、東京で暮らす涼(古川雄輝)が、突然消えた彼女ゆり(藤井武美)を探しに北海道へ向かったところ、自分とそっくりのマジシャン隆(古川雄輝・2役)を見て、不思議な出来事に巻き込まれていくという、ファンタジックでミステリアスなシーンが散りばめられている。後半の映像では、北海道・知床での大掛りな脱出マジックのシーンや語り尽くせない2人の本当の愛の姿が、挿入歌Professor Greenの「/Read All About It (Feat Emeli Sande)」に乗せて描かれていく。

2017年10月20日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加