ニュース&レポート

キアヌ・リーブス、鈴鹿8耐に登場!最新作『ジョン・ウィック』もPR

ジョン・ウィック

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
最新主演作『ジョン・ウィック』の公開を控えるキアヌ・リーブスが、三重県鈴鹿市・鈴鹿サーキットで行われた“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8耐出場のため緊急来日。自身がプロデュースするバイクでサーキット走行を行い、トークショーでは『ジョン・ウィック』についても語った。
キアヌ・リーブス、鈴鹿8耐に登場!最新作『ジョン・ウィック』もPR

7月25日15時10分。レースが一段落した時、場内アナウンスによりキアヌ・リーブスが鈴鹿8耐を電撃訪問し、自身がプロデュースする「Arch Motorcycle」のバイクでサーキット走行することが告げられ、場内はどよめきと歓声に包まれた。日本のファンに挨拶をした後、ヘルメットを被ると胸の前で手を合わせて感謝の意を伝え、バイクにまたがり、サーキットへと繰り出したキアヌ。前を走る先導車を今にも追い越さんばかりの走り屋根性を見せ、鈴鹿サーキットの1周半を走り切った。ピットへ戻り、ヘルメットを脱いだキアヌは満足げな笑みを見せ、取材陣のフォトセッションやファンの握手などに快く応えた。

キアヌ・リーブス、鈴鹿8耐に登場!最新作『ジョン・ウィック』もPR

7月26日(日)、“コカ・コーラゼロ”鈴鹿8耐決勝当日。8:45から行われたトークショーにキアヌ・リーブスが登壇。ステージ前には1時間以上も前から、観客が集まり黒山の人だかり。キアヌは「鈴鹿サーキット、そして鈴鹿8耐に来られて光栄だよ。鈴鹿8耐の歴史であったり、鈴鹿8耐が人々にどういう意味を持っているかなどを学んで、改めてこの場にいられることを幸せに思っているよ」と挨拶。前日の走りについて「とっても楽しかったよ。鈴鹿サーキットを走るのが初めてだったから、少し緊張していたけど、でもすっごく嬉しかったんだ!!本当に光栄だったよ」と語りファンを沸かせた。

トークショーでは映画『ジョン・ウィック』についても言及。「元殺し屋が主人公のアクション映画で、スタイリッシュで楽しくて、カッコいい映画になっているよ。彼は自分の人生と戦っている。人生を賭けての映画だ」とアピール。最後に「今日はありがとう!素晴らしい一日になると思います、皆さんで楽しみましょう!スズカサイコー!」と呼びかけ、トークショーを終えた。

26日決勝当日には2度目のサーキット走行を実施。多くの報道陣に囲まれたキアヌは「コンニチワ!キアヌ・リーブスです。今、僕は鈴鹿サーキットの鈴鹿8耐に来ているんだ。今日はまさにレース日和だね。この場に参加出来て光栄に思うよ。皆も楽しんでくれ。ありがとう」とメッセージを送り、「近々また日本に来てくれますか?」という質問に、「もちろん、そう願うよ」と再来日を希望していることを明かした。

キアヌ・リーブス、鈴鹿8耐に登場!最新作『ジョン・ウィック』もPR
今年、38回目を迎えた“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8耐。この日は決勝のスタートを告げるスターティングフラッグを振り下ろすフラッグマンをキアヌ・リーブスが務めた。キアヌの旗振りで、70名の選手がサーキットに飛び出し、バイクのエンジンをかけ、最高速約300km/hで走り抜ける、8時間にも及ぶレースの始まりを告げた。
2015年7月27日
『ジョン・ウィック』
2015年10月16日(金)全国ロードショー
公式サイト:http://johnwick.jp