ニュース&レポート

園子温監督最新作 『希望の国』 追加キャスト発表!伊勢谷友介、吹越満、大鶴義丹、山中崇も出演

希望の国

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
冷たい熱帯魚』『恋の罪』『ヒミズ』と立て続けにヒットを飛ばす園子温監督が、震災をテーマに描く最新作『希望の国』の製作がまもなく完了。完成に先駆けて、菅原大吉、山中崇、河原崎建三、伊勢谷友介、吹越満、占部房子、大鶴義丹ら本作に出演する追加キャストが発表された。
園子温監督最新作 『希望の国』 追加キャスト発表!伊勢谷友介、吹越満、大鶴義丹、山中崇も出演

園子温監督がオリジナル脚本で挑む最新作は、日本のある村を舞台に、平和に暮らしている老夫婦とその息子夫婦、そして、彼らの隣家に住む青年とその恋人が、大地震をきっかけに離れ離れになりながらも、それぞれの愛のかたちを貫く姿を描いた、哀しくも美しい3組の男女の物語。

夏八木勲と大谷直子というベテランふたりが、長く住みついた故郷を離れられずに苦悩する老夫婦を演じ、彼らの息子夫婦に村上淳と神楽坂恵。隣家の夫妻にでんでんと筒井真理子、その息子と恋人を清水優と梶原ひかりが演じる。

今回発表された追加キャストは、劇中の2組の家族と関わりを持っていく重要な役どころに、菅原大吉、山中崇、河原崎建三。ほかに小さな場面でも、伊勢谷友介、吹越満、占部房子、大鶴義丹、松尾諭、深水元基、並樹史朗、田中壮太郎、米村亮太朗、田中哲司、手塚とおる、堀部圭亮らが登場。どの役柄もセリフ・出演時間が少ないながらも、各人は園監督作品への出演を快諾。それぞれが強い印象を残し、作品に厚みを与えているという。

『希望の国』は、日本・イギリス・ドイツ・台湾の合作映画として、秋、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで全国公開される。
2012年4月4日
『希望の国』
2012年10月20日(土)、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー!
公式サイト:http://www.kibounokuni.jp