ニュース&レポート

ズッコケたこともあったけど…見習い警察犬・きな子がついに競技大会で優勝

きな子~見習い警察犬の物語~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
訓練会での障害物越えで、顔面着地して人気者になった"ずっこけ警察見習い犬"「きな子」。『きな子~見習い警察犬の物語~』として映画化もされた彼女が、3日に行われた香川県警察犬競技会で、通算7回目のチャレンジでついに優勝した。
画像:ズッコケたこともあったけど…見習い警察犬・きな子がついに競技大会で優勝

香川県・丸亀警察犬訓練所に所属する「きな子」は、今年8歳になった雌のラブラドール・リトリーバー。障害物訓練で顔面から着地するなど、6年連続で落ち続け、そのドジっぷりから日本一有名な見習い警察犬となり、人気を集めた。

今回「きな子」が優勝したのは、同市で行われた第57回警察犬競技大会の臭気選別試験。去年は全て不正解だったが、今年は試験を受けた38頭中、見事にトップの成績を収めた。まだ合格というわけではなく、嘱託警察犬としての採否発表は12月中旬頃。8歳という、見習いとしては高齢ながらも、警察犬への道に光が差した。

画像:
この「きな子」をモチーフに、今年8月に公開された映画『きな子~見習い警察犬の物語~』の小林義則監督は、このニュースを受けて、「優勝おめでとう。失敗しても諦めず挑戦し続ける姿に勇気をもらいましたが、その先についに夢をつかんだきな子に感動しています。これからもみんなに幸せを運ぶ犬として走り続けてください」とコメント。主演の夏帆も「香川県警察犬競技大会での優勝、本当におめでとうございます。これでもうずっこけとは言わせませんね!これからのきな子の活躍を楽しみにしています」と祝福している。

きな子~見習い警察犬の物語~』は、2011年1月14日にDVDリリース。DVD発売前のタイミングで優勝という、臭いだけでなく空気まで嗅ぎ取った「きな子」が警察犬として大活躍する姿を楽しみにしたいところだ。
2010年11月5日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『きな子~見習い警察犬の物語~』
公式サイト:http://www.kinako-movie.jp/