ニュース&レポート

松坂桃李×菅田将暉W主演!GReeeeN「キセキ」誕生秘話を映画化

キセキ ーあの日のソビトー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
2008年に発売され、ギネスに「日本で最も売れたダウンロード・シングル」として認定されたGReeeeNの名曲「キセキ」。その誕生までの軌跡と奇跡を描きだした物語が、松坂桃李・菅田将暉のダブル主演で映画化されることが決まった。
松坂桃李×菅田将暉W主演!GReeeeN「キセキ」誕生秘話を映画化

「キセキ」は歯科医師とアーティストを両立する顔出し一切無しの異色ボーカル・グループ“GReeeeN”の代表曲。2008年5月28日に発売され、2009年7月に着うた・着うたフル総計で590万超として記録認定、第81回選抜高等学校野球大会の開会式入場行進曲にも採用、2年連続でオリコン年間カラオケランキング1位を記録。その後も卒業シーズンなどには度々チャートに姿を現し、2016年5月31日時点では、着うた・着うたフル・ PC総計で760万件を記録、幅広い層に受け入れられた、J-POPを代表する楽曲。

映画『キセキ ーあの日のソビトー』で描かれるのは、名曲「キセキ」の誕生のバックボーンとなる、ある兄弟の物語。家族、そして仲間との衝突を経て、自分の進むべき道を切り開いていく姿を描き出した青春ストーリー。「キセキ」を含むGReeeeNの楽曲すべてのプロデュースを手がけるJIN(ジン)と、GReeeeNのリーダーHIDE(ヒデ)。GReeeeNの中核をなすこの二人の青春期を物語として切り取った、実話を基にした物語となる。タイトルの“ソビト”とは、素人または空人の呼称。自由に新しいことに挑戦していく人のことで、GReeeeNによる造語。

GReeeeNのプロデューサー・JIN(ジン)を演じるのは『マエストロ!』『日本のいちばん長い日』の松坂桃李、JINの実の弟でGReeeeNのリーダー・HIDE(ヒデ)を演じるのは『暗殺教室』『ピンクとグレー』の菅田将暉に大決定。二人は『王様とボク』『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』『ピース オブ ケイク』以来4度目の顔合わせで、初の兄弟役、初のダブル主演となる。

監督は『海街diary』『そして父になる』など多くの是枝裕和監督作品の助監督を務めた兼重淳。脚本は『秘密』でシッチェス・カタロニア国際映画祭最優秀脚本賞を受賞、その後も精力的に映画脚本を手掛ける斉藤ひろしが担当し、厳しい父親のもとで音楽への道を志す兄弟の姿を描き出す。

『キセキ ーあの日のソビトー』
監督:兼重淳
脚本:⻫藤ひろし
主演:松坂桃李、菅田将暉
配給:東映
(C)彦坂栄治 (C)渞忠之
公式HP:kiseki-movie.com

2017年新春公開
2016年6月3日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『キセキ -あの日のソビト-』
2017年1月28日(土)全国公開
公式サイト:http://kiseki-movie.com