ニュース&レポート

実在の結婚サギ師!『クヒオ大佐』の主題歌はクレイジーケンバンド「VIVA女性」

クヒオ大佐

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
10月公開の映画『クヒオ大佐』の主題歌に、クレイジーケンバンドの新曲「VIVA女性」が決定した。
画像:『クヒオ大佐』主題歌:クレイジーケンバンド「VIVA女性」

この映画は「騙される方が悪い」と叫びたくなるようなデタラメな経歴と分かりやす過ぎる変装で、女たちから推定1億円を騙しとった、実在した結婚サギ師の物語。主演は堺雅人。

映画の音楽プロデューサーが映画主題歌を探す過程で、映画コンセプトの音のイメージがクレイジーケンバンドとつながり、楽曲をオーダーしたところ、次期アルバム制作中で2曲あった新曲の1曲「VIVA女性」が、この映画のために作られたのではないかと思うぐらいにぴったりだったとのこと。

◆横山剣氏のコメント
──映画主題歌決定に関して
「頼まれもしないのに勝手に映画音楽を作ったのはいいけれど、なんの映画にも使われる予定もなく、楽曲だけが宙に浮くのかと思いきや、まさかのタイミングで、渡りに船とばかりにこのお話がきたのでビックリ仰天、思わずひっくり反りました。」

──VIVA女性の楽曲について
「何も考えず、勝手に頭の中に流れ出た音楽です。VIVA女性!!マジRESPECT!!!」


=====================
『クヒオ大佐』主題歌「VIVA女性」 収録アルバム詳細
■「ガール!ガール!ガール!」/クレイジーケンバンド
■発売日:8月12日 
■価格:
 初回限定盤(CD+DVD):UMCK-9293¥3,800-(TAX IN)
■発売元:ユニバーサルシグマ
=====================

◆STORY◆
時代は、湾岸戦争が始まった90年代初頭。「米軍特殊部隊ジェットパイロット」という華麗なる経歴?を振りかざしては、女たちを落としていく恋愛詐欺師・クヒオ大佐。そんなクヒオを信じ、献身的に愛し続ける弁当屋の女将しのぶ。彼女だけではない、自然博物館の学芸員の春も、ナンバー1ホステスの未知子の、みんなクヒオに惹かれていく。なぜ彼は、ここまで多くの女性を虜にしたのか?そこにあったのは、愚かな打算か?巧妙な駆け引きか?それとも真実の愛か?・・・。


◆スタッフ、キャスト◆
出演:堺雅人  松雪泰子  満島ひかり 中村優子 新井浩文
   児嶋一哉(アンジャッシュ) 安藤サクラ 内野聖陽
監督:吉田大八(『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』)  
脚本:香川まさひと、吉田大八
原作:吉田和正「結婚詐欺師 クヒオ大佐」
製作プロダクション:モンスター☆ウルトラ  
(C) 2009『クヒオ大佐』製作委員会
2009年/35mm/カラー/ビスタサイズ/113分/ドルビーSR
配給:ショウゲート
2009年8月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『クヒオ大佐』
10月10日 渋谷シネクイント、新宿バルト9ほか全国ロードショー!
公式サイト:http://www.kuhio-movie.com/