ニュース&レポート

101歳詩人の若き日に檀れい・芦田愛菜!映画『くじけないで』新キャスト発表!

くじけないで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
90歳から創作を始め、多くの人に生きる勇気を与える詩を生み出し、昨年逝去した「101歳の詩人」故・柴田トヨさん。彼女の半生を八千草薫主演で描いた映画『くじけないで』(今秋公開予定)の追加キャストが発表され、伊藤蘭、檀れい、芦田愛菜、鈴木瑞穂、上地雄輔、ピエール瀧が出演することがわかった。
101歳詩人の若き日に檀れい・芦田愛菜!映画『くじけないで』新キャスト発表!

2010年に発表した処女詩集「くじけないで」が、詩集としては画期的な160万部を超え、続く第二詩集「百歳」も40万部を超えるベストセラーになり話題となった詩人・柴田トヨさん。彼女の詩とその生き方は、NHKドキュメンタリーなどテレビでも多数取り上げられ、当初のファンであったシルバー層だけではなく、幅広い年代の支持を集めた。そんなトヨさんの半生を描いた映画『くじけないで』は、トヨさんが書いた詩にのせて、詩を書き始めたきっかけとなったエピソードとその背景となった家族のドラマを、詩に込められた想いとともに丁寧に描きだす。

監督は、『60歳のラブレター』『神様のカルテ』など感動作を生み出してきた深川栄洋。メインキャストには、八千草薫(柴田トヨ役)と武田鉄矢(トヨの息子 健一役)がすでに発表されており、映画の制作とキャスト決定の一報を聞いたトヨさんも生前とても喜んだという。

そしてこの度、第二弾として新たに発表されたキャストは、武田演じる健一の妻・静子に伊藤蘭、若き日のトヨを檀れい、幼少期のトヨに芦田愛菜。さらに、トヨの夫・柴田貞吉に鈴木瑞穂、上条医師役に上地雄輔、トヨと心を通わせる登校拒否児の父親役でピエール瀧が出演する。

映画『くじけないで』は4月より撮影が進んでおり、公開は11月を予定している。
2013年5月16日
『くじけないで』
2013年11月16日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://www.kujikenaide.jp/