ニュース&レポート

『海月姫』菅田将暉、美しすぎる女装姿を披露!「綺麗でいるために女性は大変!」

海月姫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
講談社「Kiss」で連載中のコミックを能年玲奈主演で実写映画化される『海月姫』(12/27公開)。本作で、 女装美男子・鯉淵蔵之介を演じる菅田将暉の、美しすぎる女装姿がお披露目された。
『海月姫』菅田将暉、美しすぎる女装姿を披露!「綺麗でいるために女性は大変!」

東村アキコによる原作「海月姫」は、2008年に連載開始されて以降、現在までに累計発行部数270万部突破(1巻~13巻)、また第34回(平成22年度)講談社漫画賞少女部門を受賞、2010年にはフジテレビ“ノイタミナ”にてテレビアニメ化もされた、ベストセラー・コミックス。

出演には、今や国民的人気を誇る能年玲奈、若手実力俳優の菅田将暉、演技派俳優の長谷川博己をはじめ、池脇千鶴、太田莉菜、馬場園梓(アジアン)、篠原ともえほかそれぞれジャンルもタイプも異なる個性豊かな豪華キャストが大集結。監督は、『ひみつのアッコちゃん』『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』の川村泰祐、衣装デザインはきゃりーぱみゅぱみゅの衣装を手がける飯嶋久美子が務めるなど、作り手にも旬のクリエイターたちが揃った。

本作で菅田が演じるのは、由緒正しき政治家一族の次男ながら、ファッションの世界で生きることを夢見る女装美男子で、男子禁制のアパートに住む、筋金入りのオタク女子集団(能年=クラゲオタク、池脇=鉄道オタク、太田=三国志オタク、馬場園=和物オタク、篠原=枯れ専)と奇妙な友情関係を結んでいく鯉淵蔵之介(こいぶちくらのすけ)役。

『海月姫』菅田将暉
解禁された写真では、カラフルでポップな衣装に身を包み、美脚まで披露。ハイヒールを履いて歩く練習をするなど、今までにない役作りで挑んだ菅田は、「体型のキープや肌のことを気にして、食事や睡眠のコントロールもしました。衣装合わせのときよりもアバラの位置が上がった気がします。常に可愛く、綺麗でいるために女性は本当に大変だなと思いました」とコメント。

原作者の東村アキコは、「蔵之介役の菅田くんは、本当にキレイで、可愛くって。メイクした姿を初めて見たときは、うちのアシスタント一同、超感動して。本当に奇跡のキャスティングだと思っています」と、撮影現場に訪れた際に惚れ惚れしていたという。

映画『海月姫』は、12月27日(土)より全国公開される。
2014年8月25日
『海月姫』
2014年12月27日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://kuragehi.me