ニュース&レポート

水嶋ヒロが魅せる、華麗なアクション!映画『黒執事』 特報映像が到着

黒執事

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
2014年1月18日(土)公開予定の映画『黒執事』。水嶋ヒロが3年ぶりに主演復帰し、体重を50kg台に絞り込み、約4ヶ月間に及ぶ練習を経て臨んだアクションシーンを含む特報映像が解禁された。
水嶋ヒロが魅せる、華麗なアクション!映画『黒執事』 特報映像が到着

2006年から月刊「Gファンタジー」(スクウェア・エニックス刊)で連載中の枢(トボソ)やなの代表作を、水嶋ヒロ、剛力彩芽、優香、山本美月、栗原類など豪華キャストを迎えて映画化する『黒執事』。クランクアップ(2013年5月14日)時のインタビューでは、3年ぶりの主演映画を撮り終えた水嶋ヒロ自身、「すごい作品になると思うし、ならないといけない作品」と強い意気込みを見せ、作品の偉大さにプレッシャーを感じながらも、充実感をかみしめていた。

今回解禁となる特報では、本作の見どころの一つである“華麗なアクション”を、水嶋自身が演じたシーンも。アクション監督の大内貴仁が「動きのひとつひとつが華麗で美しいアクションでした。すべてを完ぺきにこなしていく姿はまさに原作のセバスチャンそのものをみているよう」「彼は自分がするアクションシーンを頭の中ですでに映像化しているかのようにもみえました」などと舌を巻くほどの演技を見せている。

また、映像の最後には剛力演じる幻蜂汐璃に「・・・クソガキ」とつぶやくシーンも挿入。毒舌と忠誠、罵倒と信頼……特殊な絆で結ばれた二人の絶妙なやりとりの一端が確認できる。



【アクション監督:大内貴仁氏によるQ&A】

1:映画『黒執事』で水嶋ヒロ演じるセバスチャンで心掛けたアクションは?
『黒執事』の中でのセバスチャンはすべてを完璧にこなすキャラクター。原作でもアクションが美しく、完璧な身のこなしで敵を倒していきます。また、悪魔という設定でもあるセバスチャンを実写映画として、いかにしてリアルに落とし込んでいくか、一方でただの戦う男にならないようにセバスチャンなりの様(さま)というものには、とことんこだわったつもりです。
アクション中の立ち振る舞い、敵の攻撃をさける様(さま)、ポージング(構え)などセバスチャンなら敵の攻撃を避けるときも美しく優雅によけるだろう等、少しでもセバスチャンらしさがでるように心がけました。
水嶋さんご自身も立ち姿、歩き方などセバスチャンの様(さま)には相当こだわっていたので、そちらも参考にしながらアクション中の様(さま)も水嶋さんと相談しながら作っていきました。

2:水嶋さんのアクションは如何でしたか?
動きのひとつひとつが華麗で美しいアクションでした。
すべてを完璧にこなしていく姿はまさに原作のセバスチャンそのものをみているようでした。

3:水嶋さんのアクションでここはすごい!というポイントは?
今回こだわった、アクション中での水嶋さんの様(さま)です。
地味だと思われるかもしれませんが、実際アクションというのはアクロバットなど派手な動きよりも、ただ避けるとか構えるとか、シンプルな動きを格好良く、美しく魅せることの方が難しいのです。
水嶋さんはアクション中の動き全てにセバスチャンというキャラクターを取り入れていました。
全てのアクションシーンでこちら側のイメージを超えるような、誰が見てもかっこいい、美しいと思うような様(さま)をみせた水嶋さんは本当にすごいと思いました。

4:アクション監督として水嶋さんの身体能力についてどう思いましたか?
アクションの中で僕が一番すごいと思ったのは彼の空間の把握能力です。オープニングアクションでセバスチャンが多人数と戦うというシーンがあります。多人数戦というのはいくら練習を積んでいても本番になると、場所や環境が変わり混乱することが多いです。練習中は敵の顔とか服の色などで記憶していたりすることが多いが、現場で人が変わったり、みんな同じ衣装を着ると敵の位置や方向が分からなくなったりするのですが、彼には全くそれがなかった。彼はアクションレッスンで敵がどの角度でどういう攻撃をしたというのが完璧に頭の中に入っていて、現場でも敵側の位置を修正し、本番でアクションを間違えるという事も全くと言っていいほどなかったです。
普通の人は自分のアクションの動きだけを記憶するのですが、水嶋さんは敵側の動きも全部頭に入っているようにもみえました。
彼は自分がするアクションシーンを頭の中ですでに映像化しているかのようにもみえました。
2013年7月22日
『黒執事』
2014年1月18日(土)新宿ピカデリー 他 全国ロードショー
公式サイト:http://kuroshitsuji-movie.jp