ニュース&レポート

傑作ファンタジーをフランスで実写映画化!『美女と野獣』ショート予告が解禁

美女と野獣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ディズニーアニメーションなどで知られる傑作ファンタジーを、フランスで実写映画化した『美女と野獣』(11/1公開)の予告編(ショートバージョン)が到着した。
傑作ファンタジーをフランスで実写映画化!『美女と野獣』ショート予告が解禁

バラを盗み、命を差し出せと言われた父の身代わりに、野獣の城に囚われた美しい娘ベル。死を覚悟するも、野獣はディナーを共にすること以外、何も強要しない。やがてベルは、野獣の恐ろしい姿の下にある、もう一つの姿に気付き始める。かつてその城で何があったのか、野獣が犯した罪とは?いま、真実の愛が、隠された秘密を解き明かしていく―。

醜い野獣と、身も心も美しい娘ベルが織り成すファンタジーの傑作として、小説、絵本、アニメーション、映画、ミュージカルと、その形を変えて世界中で語り継がれてきた「美女と野獣」。待望の実写映画化となる本作では、1740年に書かれたヴィルヌーヴ夫人の原作小説を元に、野獣の<隠され続けてきた>過去に光を当て、切なくも悲しい物語を紐解いていく。

主人公のベルを演じるのは、カンヌ国際映画祭史上初の主演女優へのパルム・ドールにも輝いたレア・セドゥ。野獣を演じるのはフランスを代表するセクシー男優ヴァンサン・カッセル。監督は、『ジェヴォーダンの獣』『サイレントヒル』の気鋭監督クリストフ・ガンズ。

今回のショート予告ではレア・セドゥ演じるベルの色とりどりのドレス、ワイングラスに映る野獣の姿、そして色鮮やかなベルと野獣のダンスシーンなどが、独創的な映像美で評価が高いクリストフ・ガンズ監督ならではの絢爛豪華なビジュアルで映し出されている。

2014年7月10日
『美女と野獣('14)』
2014年11月1日(土) TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
公式サイト:http://beauty-beast.gaga.ne.jp