ニュース&レポート

長谷川博己、“許されない愛に直面した母を見つめる息子目線”でナレーション『とらわれて夏』予告編解禁!

とらわれて夏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』のジェイソン・ライトマン監督が、ケイト・ウィンスレットを主演に迎え、“禁断の愛”を描いた最新作『とらわれて夏』。本作の予告編が解禁され、長谷川博己がナレーションを務めていることがわかった。
長谷川博己、“許されない愛に直面した母を見つめる息子目線”でナレーション『とらわれて夏』予告編解禁!

アメリカ東部の静かな町。9月はじめのレイバー・デイを週末にひかえたある日、心に傷を負ったシングルマザーのアデルと13歳の息子ヘンリーは、偶然出会った逃亡犯のフランクに強要され、彼を自宅に匿うことになる。決して危害は加えないと約束したフランクは、家や車を修理し、料理をふるまい、ヘンリーに野球を教える。やがてヘンリーはフランクを父のように慕い、アデルとフランクも互いに惹かれ合っていく。ともに過した時間の中で、ついに3人は人生を変える決断を下す―。

長編デビュー作『サンキュー・スモーキング』の絶賛に続き、『JUNO/ジュノ』と『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞作品賞と監督賞にノミネートされたジェイソン・ライトマン監督。待望の最新作は、脱獄犯を匿うことになったシングルマザーとその息子の5日間の物語で、ケイト・ウィンスレットとジョシュ・ブローリンが共演し、障害を乗り越えて純愛を貫こうとする男女を、13歳の少年の視線を通して描いていく。

配給会社のパラマウントピクチャーズが今回の予告編で目指したのは、“許されない愛に直面した母を見つめる息子目線で語られる予告編”だった。心に傷を負った母にずっと寄り添ってきた息子が、はじめて目にする母の女性としての愛。それを受け止めようとする複雑で繊細な息子の心情を表現するためには、映像だけでなくナレーションにもこだわりたいという強い思いから、白羽の矢が立ったのは俳優の長谷川博己。「優しくて繊細な語り口が、映画のイメージにピッタリだ」ということで抜擢された。

長谷川自身もライトマン監督作品は全て観ているとのことで、今作についても「好きです、ライトマン監督。今回も魅せてもらった。メロだねぇ、泣けた!そりゃあ名だたる俳優が出たがるわけだ!」と絶賛。ナレーションの収録では、自分から何度もリテイクを申し出て、納得出来るまで収録を繰り返したという長谷川。母を見守る息子の目線で語られた予告編は、最後に「この愛は、罪ですか?」と語りかけており、深い余韻を残すものとなっている。

2014年1月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『とらわれて夏』
2014年5月1日(木) TOHO シネマズ シャンテ 他 全国ロードショー
公式サイト:http://www.torawarete.jp