ニュース&レポート

クライヴ・オーウェン&モーガン・フリーマン共演『ラスト・ナイツ』紀里谷監督制作の日本版予告完成

ラスト・ナイツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が、モーガン・フリーマンとクライヴ・オーウェンを主演に迎えた最新作『ラスト・ナイツ』より、紀里谷監督自身の制作による最新日本版予告編が到着した。
クライヴ・オーウェン&モーガン・フリーマン共演『ラスト・ナイツ』紀里谷監督制作の日本版予告完成

紀里谷監督にとって初のハリウッド進出作『ラスト・ナイツ』は 「忠臣蔵」を題材に描かれた騎士達のドラマ。『ミリオンダラー・ベイビー』でアカデミー賞を受賞した名優モーガン・フリーマンと、英国アカデミー賞受賞とアカデミー賞ノミネートの経歴を持つクライヴ・オーウェンを主演に迎え、5年の歳月をかけて完成。アメリカを初め世界30カ国以上での公開が決定している。

このたび完成した日本版予告編は、紀里谷監督自らが制作したもので、全編に渡りベートーヴェンの名曲「ピアノソナタ第14番『月光』」の儚くも美しい旋律とともに展開する。

高潔な心を持つ領主バルトーク卿(モーガン・フリーマン)、彼に忠誠を誓う騎士団の隊長ライデン(クライヴ・オーウェン)、城を焼き払われ故郷から追いやられる人々、荒廃した世界を見つめる皇帝(ペイマン・モアディ)、皇帝を見守る重臣オーガスト(アン・ソンギ)、不敵な笑みを浮かべる悪徳大臣ギザモット(アクセル・ヘニー)、その護衛官イトー(伊原剛志)ら登場人物が様々な表情を見せ、クライマックスでは、ギザモットの難攻不落の要塞へと攻め入り【決戦】に挑む“最後の騎士(ラスト・ナイツ)”たちが映し出される。

紀里谷監督は、この予告解禁にあわせ、「零下20度に及ぶ極寒の地での非常に困難な撮影を経て『ラスト・ナイツ』は生まれました。この作品を信じ続けてくれたキャストやスタッフの弛まぬ努力に、そして、彼等の想いを代表して、この予告編を皆様に届けさせていただける光栄に心から感謝いたします」とコメントしている。

2015年9月1日
『ラスト・ナイツ』
2015年11月14日(土)TOHOシネマズスカラ座ほかにて全国ロードショー
公式サイト:http://lastknights.jp/