ニュース&レポート

森川智之、沢城みゆき、山寺宏一ら声優8人で『LEGO(R) ムービー』150以上のキャラを担当

LEGO(R) ムービー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
LEGO(R)のアドベンチャーを描いた史上初の長編映画『LEGO(R) ムービー』(3/21公開)の日本語吹き替えキャストが発表され、森川智之、沢城みゆき、山寺宏一、矢島晶子、羽佐間道夫、玄田哲章ら豪華声優陣が参加、吹替の監修を鈴木おさむが担当していることが明らかになった。
森川智之、沢城みゆき、山寺宏一ら声優8人で『LEGO(R) ムービー』150以上のキャラを担当

『くもりときどきミートボール』『21ジャンプストリート』のフィル・ロード&クリストファー・ミラー監督&脚本による本作は、LEGO(R)ブロックの世界観に基づいたストーリーに、複数の新しいキャラクターのほか、レゴ(R)ワールドでも特に人気のキャラクター・フィギュアが登場。これまで観たことのないユニークな“レゴ(R)ワールド”映像を体験することができる。

オリジナル版ではクリス・プラット、ウィル・フェレル、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン、エリザベス・バンクスらがボイスキャストとして参加しているが、日本語吹き替え版では、ハリウッド映画の吹き替えや人気アニメで活躍する豪華声優陣が揃った。

平凡なLEGO(R)ブロックの世界の住人であるにも関わらず、ひょんなところから伝説のヒーローであると思い込まれ、邪悪な暴君に立ち向かう為に大冒険に出ることになる主人公・エメットの声を務めるのは、トム・クルーズやブラッド・ピットの声優を担当する森川智之。主人公が恋心を寄せることになるカッコいいヒロイン・ワイルドガールの声には、「ルパン三世」最新作の三代目・峰不二子を担当する沢城みゆきが決定。レゴ(R)ワールドの支配者でブロックの自由を奪う恐るべき悪者おしごと大王の声には、『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』で銭形警部を担当した声優界のドン、山寺宏一が決定している。

さらには、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけを担当している矢島晶子や、日本声優界の大御所・羽佐間道夫、アーノルド・シュワルツェネッガーの吹替で知られる玄田哲章らが脇を固め、たった8人の声優で150以上登場するキャラクターたちのすべて吹き替えるという、無謀な試みに挑む。

そんな本作の日本語吹替の監修を、放送作家・鈴木おさむが担当することも決定。「より毒があり、よりクスッと出来るコトを目指して作りました。コレだけ超面白い作品に参加出来て本当光栄です」とコメントを寄せている。
2014年1月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『LEGO(R) ムービー』
2014年3月21日(金・祝)新宿ピカデリー他 全国ロードショー 3D/2D同時公開
公式サイト:http://www.legomovie.jp