ニュース&レポート

『LEGO(R) ムービー』新作の主人公はバットマン!​『​​レゴバットマン ザ・ムービー』2017年​4月公開

レゴバットマン ザ・ムービー

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
2014年に公開された『LEGO(R) ムービー』でヒーロー軍団を率いていたLEGOバットマンを主人公にした、新たなレゴ・アドベンチャー大作『The Lego Batman Movie(原題)』の邦題が『レゴバットマン ザ・ムービー』に決定し、日本公開が2017年4月1日(土)に決まった。
『LEGO(R) ムービー』新作の主人公はバットマン!​『​​レゴバットマン ザ・ムービー』2017年​4月公開

2014年に公開された『LEGO(R) ムービー』は、アメリカで4週連続1位の大ヒットを記録。世界興行収入469,160,692ドル(Box Office Mojo調べ)の興行成績をたたき出し、レゴブームを巻き起こした。2年ぶりとなる新作『レゴバットマン ザ・ムービー』では、『LEGO(R) ムービー』でヒーロー軍団を率いていたLEGOバットマンが主人公として描かれる。

キャストには、ウィル・アーネット(『ミュータント・タートルズ』)が『LEGO(R) ムービー』でも演じたレゴバットマン、別名ブルース・ウェインの声を再び担当。ザック・ガリフィナーキス(『ハング・オーバー!』シリーズ)がジョーカーの声を、マイケル・セラが孤児ディック・グレイソンの声を、ロザリオ・ドーソンがバーバラ・ゴードン(バッドガール)の声を、レイフ・ファインズが執事のアルフレッドの声を担当する。

監督は、前作に引き続きエミー賞受賞のクリス・マッケイ。ライアン・ハリスとともに製作総指揮にも携わったクリス・マッケイは、「バットマンは前作の『LEGO(R) ムービー』でも主要登場人物の一人でした。作品の中でもかなり人気のあるキャラクターだったし、前作の本編でも“これは映画になるぞ”とバットマンが10回くらい言っているし、このチャンスを使って、作り手たちを窮地に追い込んで、バットマンのシリーズを作らざるを得ない状況にしようと思ったのさ(笑)」と語っている。

さらにウィル・アーネットは「バットマンは孤児で孤独な男だから、何においても自分を頼りにするしかない。だからいろんな葛藤を抱えている。これは監督と話していたことなのだけど、この映画はバットマンが敵をやっつけるだけの映画ではなく、自身の中にある葛藤を克服する話でもある。あれだけ虚勢を張っている男は、たいがい何がしかの性格的な欠点を補おうとしている」とコメントを寄せている。

本作ではオルカ、ドクター・フォスフォラス、カブキ・ツインズ、ザ・マイム(the Mime)のほか、フランク・ミラー原作コミック「バットマン: ダークナイト・リターンズ」のミュータント・リーダーなど、バットマンの世界の登場人物たちがたくさん出てくる予定だ。

『レゴバットマン ザ・ムービー』
(C) The LEGO Group. TM & (C) DC Comics. (C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
配給:ワーナー・ブラザース映画

2017年4月1日(土)全国公開
2016年8月26日
『レゴバットマン ザ・ムービー』
2017年4月1日(土)全国公開 
公式サイト:http://legobatmanmovie.jp