ニュース&レポート

『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライドが11月末に来日決定!

レ・ミゼラブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
これまでに世界43カ国、21カ国語で上演され、世界最長のロングラン記録を誇る伝説の大ヒットミュージカルを映画化した『レ・ミゼラブル』(12/21公開)。本作のプロモーションのため、11月末にヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライドが来日することがわかった。
『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライドが11月末に来日決定!

1862年にヴィクトル・ユゴーが発表した小説「レ・ミゼラブル」。本作は、19世紀のフランスを舞台に、一片のパンを盗んだために19年の牢獄生活を送った男ジャン・ヴァルジャンが、やがて改心しながらも運命に翻弄されていく姿を描いた大河ドラマ。これまで映画、舞台、ドラマなど何度も実写化されてきたが、映画『レ・ミゼラブル』は、1985年に初演され、以来、世界43カ国、21ヶ国語で上演、27年間という驚異的ロングランと6千万人を超える動員数を達成した伝説の大ヒットミュージカルを映画化したものとなる。

監督は、『英国王のスピーチ』でアカデミー賞監督賞を受賞したトム・フーパー。キャストは、主人公ジャン・バルジャン役にヒュー・ジャックマン、ジャベール役にラッセル・クロウ、ファンティーヌ役にアン・ハサウェイ、コゼット役にアマンダ・セイフライドなど、豪華顔ぶれが揃う。

12月21日(金)の日本公開を前に、ヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライドの豪華キャスト3人と、トム・フーパー監督、そして舞台版の生みの親でもあるプロデューサー、キャメロン・マッキントッシュの来日が決定。11月28日(水)に都内で行われる公開記念イベントに参加する予定だ。親日家のヒュー・ジャックマンは映画撮影のために8月に来日してから今年2度目、アン・ハサウェイは2006年『プラダを着た悪魔』以来2度目、アマンダ・セイフライドとトム・フーパー監督は、映画のプロモーションとしては初の来日となる。
2012年10月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『レ・ミゼラブル』
2012年12月21日(金)、TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー
公式サイト:http://lesmiserables-movie.jp