ニュース&レポート

ライアン・レイノルズ「人間は一線を越えがちだ」 SFスリラー『ライフ』特別映像が到着

ライフ

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、真田広之らが共演、無重力の宇宙船内で6人の宇宙飛行士が直面する恐怖と死闘を描いたSFスリラー『ライフ』の本編映像のほか、貴重なキャスト&スタッフのインタビューなど、見どころがたっぷり詰まった<特別映像>が完成した。
ライアン・レイノルズ「人間は一線を越えがちだ」 SFスリラー『ライフ』特別映像が到着

未知なる生命体を調査している宇宙飛行士6人が、無重力の宇宙船内で直面する恐怖と死闘を描いたSF<無重力>ホラー『ライフ』。世界的大ヒットを巻き起こし、続編の公開も控える『デッドプール』のライアン・レイノルズと脚本チーム(ポール・ワーニック&レット・リース)が再タッグを組んだ本作は、アカデミー賞ノミネート俳優のジェイク・ギレンホール、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネーション』で妖艶な魅力を披露したレベッカ・ファーガソン、そして日本が誇るハリウッド・スター、真田広之という豪華キャストが競演する。

映像は、地球に残した家族のもとに新しい命を授かった、真田広之演じるシステム・エンジニアと、その新たな生命の誕生に歓喜する仲間のクルーたちの和やかな劇中シーンから始まる。彼らに課された任務は、火星で採取された土壌サンプルを回収し、史上初の<地球外生命体>を確認、調査すること。見事ミッションに成功した彼らの、美しく神秘的な生命体を見守るシーンが映し出される。しかしその世紀の大発見は一転、人類を滅ぼす大惨劇へと向かっていく──。

主演を務めたジェイク・ギレンホールは「テンポが良く、怖い脚本だった」と語り、続いて、航宙エンジニア役のライアン・レイノルズは「物語に引きこまれ、生命体を見出す乗組員の興奮を味わえる」。生命体を調査する生物学者を演じたアリヨン・バカレは「展開が早く予想がつかない。脚本を読んで絶叫した」と、それぞれがテンポ良く、引き込まれるストーリー展開と、地球外生命体に直面する極限の恐怖を描いた本作の印象を語っている。

またギレンホールは、「よくある娯楽的な着想かと思えば意表をつく方向に展開する」と、想像だにしないストーリー展開を見せることにも言及。生命体の想像を絶する凶暴性を目の当たりにしたクルーは、あらゆる手段を尽くして生命体を隔離しようと試みる。それは、もしも地球に漂着したら人類滅亡の危機さえ引き起こしかねない、絶望的な戦いの始まりだったのだ。

製作のデヴィッド・エリソンは、「企画当初から重視したのは、今起きそうな現実味だ」と、本作で追求したリアリティへのこだわりについて語り、監督のダニエル・エスピノーサもまた、「我々が重視したのは、描かれる生命体の科学的な裏付けだ」と、地球外生命体についても現実性を重視してこだわりをもって描いたことを強調する。あることをきっかけに人間へ突如襲いかかることになる生命体について、レイノルズは「人間は一線を越えがちだ、そして報いを受ける」と、人間のエゴの結果惨劇がはじまるといった側面を語り、真田は「これは娯楽作品であり、人類への警告でもある」と、ただのエンターテイメントだけでなく、作品に込められた大きな意味合いについても言及している。

SF映画史上最高クオリティで圧倒的なリアリティ描写で、「明日、起きても不思議ではない」、現実味溢れるストーリーを描いた驚愕の最恐SFホラー『ライフ』は、今週末、8日(土)より丸の内ピカデリー他にて公開される。

2017年7月4日
『ライフ』
2017年7月8日(土)丸の内ピカデリー他全国ロードショー
公式サイト:http://LIFE-official.jp