ニュース&レポート

ミスチル「蘇生」が、ネイチャー・ドキュメンタリー超大作の主題歌に決定!最新予告編も解禁

ライフ ―いのちをつなぐ物語―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『アース』や『ディープ・ブルー』を生み出した世界最高峰のドキュメンタリー制作集団、BBC EARTHによるネイチャー・ドキュメンタリー『ライフ ―いのちをつなぐ物語―』(9/1公開)。本作の主題歌にMr.Childrenの「蘇生」が決定し、最新予告編が公開された。
ミスチル「蘇生」が、ネイチャー・ドキュメンタリー超大作の主題歌に決定!最新予告編も解禁

ライフ ―いのちをつなぐ物語―
製作費35億円、撮影日数3000日、世界最高峰の撮影技術で、今まで観ることの出来なかった”動物と同じ目線”の撮影に成功、動物たちの息づかいが聞こえてくるほどのリアルな世界を捉えた、『ライフ ―いのちをつなぐ物語―』。地球上の全大陸で撮影し、BBC史上最大のネイチャー・ドキュメンタリーとなる本作は、全15シーンに及ぶ史上初の決定的瞬間や、陸・海・空、あらゆる動物たちの”いのち”の物語を通して、生命の強さと美しさを描いた作品。

ライフ ―いのちをつなぐ物語―
今回、主題歌となるMr.Childrenの「蘇生」は、2002年5月に発表された10thアルバム『IT’S A WONDERFUL WORLD』に収録されている楽曲で、シングルカットされていないものの、ほぼ全てのライブで演奏されてきた定番曲。

”生き抜く強さ”や”たくましさ”、動物たちを通して感じることのできる、”いのち”をつないでいくことの大切さといった、映画が持つメッセージがそのまま「蘇生」という楽曲が持つ魅力と重なり、「今だからこそ、一人でも多くの方々に、映画を知り、映画をご覧頂きたい」という想いを真摯に受けとめたMr.Childrenが、「蘇生」を主題歌として提供した。

Mr.Childrenが、洋画・ネイチャードキュメンタリーへ主題歌を提供するのは初めてのことになる。

この楽曲提供に関して、Mr.Childrenボーカル&ギターの桜井和寿は、 「動物達は 命は 意志を持った的確な言葉で 雄弁にしゃべっている この映画を観るまで知らなかった。」とコメント。

主題歌を依頼した理由として、配給のエイベックス・エンタテインメントの新崎氏は、「日本を代表するトップアーティストで、数々の楽曲やapbank fesといった活動で 、常に希望や勇気のメッセージを発信し続けるMr.Children。とくに、「蘇生」が持つまっすぐなメッセージは、 今の日本を元気に励ましてくれる。それは映画と共通して、 今だからこそ多くの人に届けたい楽曲だと強く感じています」と、コメントしている。

Mr.Childrenによる主題歌「蘇生」入りの劇場予告編は、以下のページでご覧下さい。
■『ライフ ―いのちをつなぐ物語―』作品情報
予告編ライブラリ

なお、この予告編は、6月24日(金)より全国の劇場にて公開される。
2011年6月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ライフ ―いのちをつなぐ物語―』
2011年9月1日(木)より TOHOシネマズ日劇ほか全国公開
公式サイト:http://www.onelifemovie.jp/