ニュース&レポート

本木雅弘がアン・リー監督最新作で初の実写洋画吹き替えに挑戦!

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
全米批評家から賞賛の嵐を受け、ジェームズ・キャメロンまでもが「自分の目で確かめてほしい」と絶賛し、すでにアカデミー賞の呼び声も高いアン・リー監督最新作『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』。本作の日本語吹替えを、本木雅弘が担当することが発表された。
本木雅弘がアン・リー監督最新作で初の実写洋画吹き替えに挑戦!

映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』は、文学界の権威あるブッカー賞を受賞した世界的ベストセラー小説「パイの物語」を、名匠アン・リー監督が映画化。トラとともに荒々しい海に投げ出された1人の少年の、“生きる”ための驚くべき勇気と知恵、そして想像を絶する奇跡を描いたサバイバル・アドベンチャー。

本木雅弘は、自らが企画・主演した『おくりびと』で死と生に向き合う姿が大きな感動を呼びアカデミー賞を受賞。今回、本作で描かれる主人公パイの波乱と冒険に満ちた人生の航海、そして “死を目前にしてどのように生きたか”というテーマが時と国を超えてシンクロ。ここ数年で最も好きな映画が『おくりびと』だというアン・リー監督の熱烈なるオファーが本木の心を揺り動かし、仕事先のロンドンでの収録が実現した。

本作で初の実写洋画吹替えに挑戦した本木が演じるのは、奇遇にも『おくりびと』が第81回アカデミー外国語映画賞を受賞した2009年に作品賞を受賞した『スラムドック$ミリオネア』のイルファン・カーン演じる主人公の声。収録は、65年の歴史を持ち、ビートルズやザ・フー、クィーンなどの伝説的ミュージシャン、近年では錚々たるハリウッドスターも常連という伝説のスタジオ「デイ・レーン・リー・スタジオ」で行われた。

今回の吹替えにあたり本木は、「何よりもこの作品が与えてくれた力は、ここ最近で最もインパクトのあるものだった。このプロジェクトに僅かながらも参加できたことに喜びを感じている」とコメントしている。

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
2013年1月25日(金)、TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開<3D/2D同時上映>
20世紀フォックス映画 配給
(C) 2012 TWENTIETH CENTURY FOX FILM
2012年11月30日
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』
2013年1月25日(金)TOHOシネマズ日劇他 全国公開!!<3D/2D同時上映>
公式サイト:http://www.foxmovies.jp/lifeofpi/