ニュース&レポート

実写映画『ライオン・キング』“未来の王”シンバの壮大な冒険を描く最新予告映像解禁

ライオン・キング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ディズニーの名作アニメーションを実写映画化した『ライオン・キング』(8/9公開)の最新予告映像が解禁された。
実写映画『ライオン・キング』“未来の王”シンバの壮大な冒険を描く最新予告映像解禁

偉大な王ムファサの息子として、<プライド・ランド>の地に誕生したシンバ。いつか自分も父のような“王”になる日を夢みるものの、好奇心旺盛で、まだ未熟な彼は、なかなかその一歩を踏み出せないでいた。“自分を信じろ 王となるのだ”と語る父ムファサの言葉を胸に、未来の王としてこの広大な大地を舞台に壮大な冒険へと旅立ち、新たな世界での仲間との出会いを通じて“自分が生まれてきた意味、使命とは何か”を学んでいく…。

ディズニーの名作アニメーションを実写映画化した本作は、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが、自らの運命に立ち向かい、“真の王”となる姿を描いた感動作。予告映像では、まるで観客がサバンナの大地に降り立ったかのような臨場感溢れる映像に、動物たちが表情豊かに活き活きと描かれている。シンバの父ムファサや幼馴染のナラ、王の座を狙う叔父のスカーをはじめ、シンバが冒険の途中で出会う、陽気なイボイノシシのプンヴァとミーアキャットのティモンのお馴染みのコンビなど、主人公シンバを取り囲む、個性豊かなキャラクターたちの姿が。彼らとの出会いを経て、”未来の王“シンバが運命を切り拓いていく物語が、壮大なスケールの映像によって描かれる。

本作の監督を務めるのは「アイアンマン」シリーズの大ヒット・メーカーで、2016年『ジャングル・ブック』を監督し新たなる映像体験を生み出したジョン・ファヴロー。彼は時代を超えて愛される『ライオン・キング』に込められたメッセージについて「本作の大切なテーマの一つに”サークル・オブ・ライフ(生命の環)の思想があります。これは、世界は皆で分かち合うものであり、一人一人が独立した人間でありながらも、お互いに繋がっていることを思い出させてくれます。これは私にインスピレーションを与えてくれる、心暖まるメッセージです。小さなシンバは王になりたいと願う一方で、仲間たちとの繋がりの中で自分が果たすべき役割を学んでいくわけです」と語っている。

声優には主人公シンバ役で、俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つエンターテイナーとして知られるドナルド・グローヴァー。その幼なじみでメスライオンのナラ役には世界の歌姫ビヨンセが決定している。両者ともグラミー賞を受賞するなど音楽界の頂点を極める二人。彼らの声がキャラクターにどのような命を吹き込み、そして世界最高峰の歌声でミュージカルナンバーをどう歌い上げるのか、期待せずにはいられない。

2019年4月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ライオン・キング』
2019年8月9日(金)全国公開