ニュース&レポート

『ライチ☆光クラブ』キャラクター配役発表!釜山国際映画祭でワールドプレミア上映決定

ライチ☆光クラブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
古屋兎丸原作のロングセラーコミックを、野村周平、古川雄輝、間宮祥太朗ら最旬の若手俳優の共演で映画化した『ライチ☆光クラブ』が、10月1日から開催される第20回釜山国際映画祭にてワールドプレミア上映されることが決定。あわせて、出演者の配役が解禁された。
『ライチ☆光クラブ』キャラクター配役発表!釜山国際映画祭でワールドプレミア上映決定

今年で20周年を迎える釜山国際映画祭は、世界各国から集まった映画作品が多数上映されるほか、マーケットも開催されるアジア最大級の国際映画祭。2014年には、日本を代表する俳優の渡辺謙が日本人として初めて映画祭の司会者を務めたことで話題に。

映画『ライチ☆光クラブ』は、過去の日本映画では『凶悪』『渇き。』などが招待された「ミッドナイト・パッション部門」での上映が決まっており、本映画祭での上映がワールドプレミア上映となる。

今回、釜山国際映画祭からの正式招待を受けて、キャスト陣の配役も発表された。美しい少年たちの愛憎の物語として少年同士の愛も描かれるセンセーショナルな作品であり個性的なキャラクターが多いことから、映画化決定と出演者の発表時点から、どの俳優がどのキャラクターを演じるのかに注目が集まっていた。配役は以下のとおり。

出演者のキャラクター配役


【タミヤ役】野村周平:光クラブの創設者であり、リーダー。映画には原作の『ライチ☆光クラブ』をベースに、物語の前日譚を描いた『ぼくらの☆ひかりクラブ』(上下巻)にあるタミヤ目線のエピソードも盛り込まれており、タミヤの心理的な葛藤が描かれる。

【ゼラ役】古川雄輝:光クラブを絶対的なカリスマ性で独裁的に支配し、「帝王」を名乗る。最強の機械(ロボット)を創りだし、醜い大人たちのいない世界を作ることを企てている。14歳の誕生日を目前にひかえ成長を恐れる。

【ジャイボ役】間宮祥太朗:原作コミックファンの1番人気のキャラクター。ゼラへ服従するあまり、残酷で狂気じみた行動をとる謎めいた美少年。最後に光クラブに加わった。

【ニコ役】池田純矢:ゼラに絶対的な忠誠を誓い、光クラブのアインツ(1番)を自負する。

【雷蔵役】松田凌:オネエキャラでジャイボと並ぶ美少年で光クラブのムードメーカー。

【デンタク役】戸塚純貴:ゼラとともに最強の機械(ロボット)開発に尽力する秀才。

【ダフ役】柾木玲弥:タミヤとカネダの幼なじみで光クラブの創設メンバー。眼帯が特徴。

【カネダ役】藤原季節:タミヤとカネダの幼なじみで光クラブの創設メンバー。いつも爪を噛んでいる。

【ヤコブ役】岡山天音:いつも笑顔の光クラブ唯一の癒しキャラ。
2015年8月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ライチ☆光クラブ』
2016年2月13日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
公式サイト:http://litchi-movie.com