ニュース&レポート

ようこそ☆禁断の少年世界へ『ライチ☆光クラブ』キャラクタービジュアル満載の予告編解禁

ライチ☆光クラブ

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
古屋兎丸原作のロングセラーコミックを、野村周平、古川雄輝、間宮祥太朗ら最旬の若手俳優の共演で映画化した『ライチ☆光クラブ』(2/13公開)の本予告編が解禁された。
ようこそ☆禁断の少年世界へ『ライチ☆光クラブ』キャラクタービジュアル満載の予告編解禁!
物語の舞台は、黒い煙と油に塗れた蛍光町と廃工場の秘密基地"光クラブ"。大人のいない世界をつくろうとした9人の少年たちによる裏切りと愛憎の物語と、彼らが作り上げた思考する能力を持つ機械(ロボット)“ライチ”と、少女カノンの恋が、圧倒的に美しくダークな世界観で描かれる。

キャストには、野村周平、古川雄輝、中条あやみ、間宮祥太朗、池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音ら、才能に満ち溢れる最旬の若手俳優らを迎え、個性的なキャラクターを心身ともにリアルに体現する。

公開された予告編では、穢れた大人のいない自分たちだけの世界を作ろうとした少年たちが、最強のロボットと永遠の美の象徴として一人の美少女カノン(中条)を手に入れるが、「永遠に少年のまま、永遠に美しいまま、僕らの世界が終わる」という言葉が示唆する通り、絶望の中で夢見た少年たちだけの理想の世界が破滅へと向かっていくことがうかがえる。

大人になることを受け入れはじめ、ゼラに反発するタミヤ(野村)と醜い大人になることを完全否定するカリスマ・ゼラ(古川)の対立構造が浮き彫りとなり、ゼラに偏執的な愛を注ぐジャイボ(間宮)の妖艶漂うカットなど、カノンとライチ(杉田)の関係性やキャラクターの個性が伝わるキャラビジュアルを使ったカットが満載。「光クラブ」という秘密基地で大人になる前の脆く、残酷で多感な思春期がどのように描かれるか期待できる映像に仕上がっている。

また、本映像のナレーションは、9人の少年が創り上げたロボット・ライチに命を吹き込み、『銀魂』坂田銀時役などで人気の声優・杉田智和が手掛けている。


2016年1月15日
『ライチ☆光クラブ』
2016年2月13日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
公式サイト:http://litchi-movie.com